舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
各種悲鳴の響く春
 春ですねぇ。
 三寒四温の季節が、そろそろやって参りました。
 急に寒くなられるとあっさり体調を崩すので、あんまり激しい温度変化は勘弁して欲しいところですが。

 春と言えば、大学は、新歓ムード一色に染まります。
 駒場なんて、通路という通路の脇には、各サークルの立て看板が林立しています。劇団Radishは4月になってから看板を立てますので、乞うご期待!

 今年の春、Radishは、新歓上演会という新たな試みを行います。
 これは、キャスト志望者のために、15分程度の寸劇を2本演じ、スタッフ志望者のために、裏方作業についての簡単な講習を行う、という企画です。なにぶん初めてですから、特にキャストはどきどきですよ。
 去年までは、秋公演のビデオを観てもらう『上映会』を行っていました。しかし、1時間半の演劇を、画質の悪いビデオで観てもらうよりは、生の演劇を観てもらう方が、Radishの魅力も演劇の魅力も伝えられるだろうということで、このような企画に踏み切ったのです。

 これ、上映会とは、準備の手間が違います。
 上映会は、場所と機材の準備をして準備完了ですが、公演を行うとなったら、公演自体の練習をみっちりしないといけないんですから。
 ですから、今のRadishでは、こんな声がちらほらと聞かれます。

と……TOEICの勉強をする時間が全然とれないんだけど……。」(文科Ⅰ類・Aさん)
こんなんじゃ、就職の準備が整えられないよ。」(文学部・Rさん)
じゃ、みんな、頑張ってね~。応援しててあげるから。」(文科Ⅱ類・Mさん)

 新歓活動は、我々の努力の結晶です。是非観に来て下さいな。
(詳細情報は、サークルオリのRadishブース、またはHPで!:ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。