舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラモデルが懐かしい
 今日、夜遅くに家へ帰ると、父と弟が、戸棚を組み立てていました。なんでも、母が通信販売で買ったんだとか。
 そこまでなら、特に文句もないのですが、その戸棚にはいろいろと問題があったようで。

 私が帰ったちょうどそのとき、上下2つにセパレートされる棚の、上段が出来上がっていました。つまり、全体の半分が完成。そのときの弟の一言。
「なんとか一時間でできたね。」
 母が参照したというカタログを見ると、「組立時間:30~60分未満」と書いてありました。我が家の名誉のために言いますが、我が家の男共は、戸棚を組み立てる程度のことで、人様より倍も時間がかかるような不器用共ではありません。60分『未満』は、まるでデリカシーのない表示に感じられました。

 問題はそれだけにとどまりません。
 説明書曰く、
「一部ボンドを使って下さい。ボンドを使わないと、必ず壊れます。」
 そ、そんな……。
 壊れるぞ! と胸を張られましても……。
 まぁ、ボンドを使えと指示されたわけでもない、引き出しの取っ手が、完成直後に外れてしまったのを見ると、「なるほど、これは壊れるな」と納得せざるを得ませんでした。

 他にも説明書が説明不十分だったりと、あの戸棚を販売している人には、バ○ダイかタミ○の人に、組立式製品とは何か、説明書とは何かを、とくと学んでいただきたいところです。
(ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。