舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミックス!
 3月3日、今日は楽しいひなまつり♪
 そう。年に一度、琵琶湖に名のある釣り人達が集まって、琵琶湖のヌシ『ひなま』を釣る、という、由緒正しきイベントの日ですね。福井に住んでいるいとこが、去年は隣のおじさんがヒナマを釣り上げていた、今年こそは自分が釣るんだ、と意気込んでいたのが印象的でした。あんな気持ち悪い魚、つり上げてどうするんでしょうね?

 以下はノンフィクションです。

 おとといウチの姉が、物置から雛人形を引っぱり出してきました。
 その際、大学受験期(約2年半前)に物置へ押し込んでいた漫画の山を、『邪魔。』の一言の下に、私の部屋へ運び込みました。母親と結託して曰く、自分の部屋に引き取るのでなければ、処分しろと言うのです。現在我が書棚の生態系は、その漫画収容を前提とせずに成立しています。仕方がないので、私は2タイトルの処分を決定しました。(ブックオフに売りに行ってみようと思います。)

 一つは、室山まゆみ『あさりちゃん』。親戚からおさがりでもらったのですが、一話あたりのページ数が少なくどうしてもオチが弱くなってしまっており、あんまり面白いと思えないんですよねぇ。

 もう一つは、言わずとしれた有名作品、青山剛昌『名探偵コナン』の、25巻くらいまで。
 これはねぇ……。絵は綺麗ですし、トリックも普通に楽しめるんですが、殺人事件に適応してしまっている登場人物達と、当然のように殺人事件に居合わせるコナン一行が気持ち悪くなって、読むのをやめました。コナンは別にいいんですよ。もとが高校生探偵というぶっ飛んだ頭の持ち主ですから、殺人事件に慣れていても。ただ、少年探偵団諸君や、蘭姉ちゃんに、殺人現場でにこやかお気楽な会話をしないで欲しいのです。
 ああ、そういえば、連載当初、蘭(永遠の高校2年生)は「はるかに」年上のお姉さんだったはずなのに、今は年下になっています。コナンは国民的アニメとして確固たる地位を築き、ゆくゆくはポスト『サザエさん』の位置を獲るのでしょうか?

 コナン君は、そろそろ自然成長で高校生にもどっても良い頃だと思います。
(ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。