舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとう関崎さん
 最寄り駅を発つ前に、いつものようにコンビニで立ち読みをしていました。
 ヤングアニマルを見つけたので、先日ブックオフで読んでみて面白かった『ああ探偵事務所』を読んだのですが。目次の作者コメントで、意外な収穫がありました。

 主にコンビニに並んでいる、かつて刊行された漫画作品の、コミックスより装丁の安っぽい本がありますよね? わかるかなぁ? わかんねぇだろうなぁ。
 その本を呼ぶとき、私は呼び方に困って『廉価版』とか『雑誌装丁』とか読んでいたんですが、『ああ探(ああたん)』の作者コメントページに、こんなことが書かれていたのです。

「『ああ探』のコンビニ版に、インタビューが載っています」とかなんとか。

 コンビニ版。
 コンビニ版。
 コンビニ版かぁ!

 なるほど。これからはああいうのを見つけたら『コンビニ版』と呼ぶことにします。漫画作品は『本誌』『コミック』『ワイド版』『コンビニ版』の四段活用なのですね。
(好き勝手語って、今日は終わる。:ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。