舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感謝の感想
観てきました。『AMMP[aemp]』成城大学演劇部版。
実は今回、演劇部さんの中でも2チームに分かれての公演でした。
片方は、片桐チーム。
2010年に、一度AMMPを経験している演出の率いるチームです。
もう片方が、演目に初挑戦となる杉山さんのチーム。

本日本番を迎えたのが杉山さんのチームで、本来だと、今日行っても観られるのはそちらの一公演だけのはずでした。

でもね。
両方観てきましたよ。

実は、招待していただきました。
片桐チームのゲネプロに。

いやー。
……えがった。

さすがに90分×2を一日で観ると、若干お尻が痛くもなりますが。
少なくとも、その程度でAMMPに飽きるという事態は起きません。
はなから、台詞の大半は暗記してますからね。

どちらのチームも、創意工夫を凝らして、作品を面白くしてやろうという、強い意志を感じました。

特に良かったのは、なんと言っても片桐チーム。
とことんまで作品を噛み砕いた上で、プラスアルファに持ってくる台詞の追加、シーンのちょい足しをやってきました。
そして役者がうまいんだ。
7名の役者のうち3名が初出演とのことでしたが、とても安定感のある演技をみせてもらいました。
ゲネの後で演出さん(彼はその昔高校生だった)と話させてもらいましたが、こちらが疑問を持った箇所も、考えに考えぬいた上での演出であったことがよく分かりました。
演劇に正解はありませんけどねー。
考え抜くことで、正解らしき何かに近づける可能性は、きちんと上昇するんですよねー。

AMMP観覧済みの方にだけ分かるネタバレを一個だけさせてもらうなら、『没デートプランに、「映画ドラえもん」がくわわります』とか。

今日も暑い日でしたけどね。
堪能しました。
成城大学演劇部さんの公演は、水曜7/15まで。
よろしければ、どうぞ。
(ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。