舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
打ち上げ旅行に行ってきました(後編)
 こんなゲームをご存知だろうか?
 まず、トランプを準備する。参加者が11人なら11枚のトランプ。その中にはジョーカーとハートのエースを入れておく。ジョーカーを引いたら、あなたは『犯人』、ハートのエースを引いたならあなたは『天使』だ。どちらにしても何食わぬ顔でゲームに参加しよう。
 ゲームが開始されたら、不自然な緊張感の中、みんなでおしゃべりをしていよう。ただし、その間に、全員と少なくとも一回は目を合わせなければいけない。
 目を合わせている相手がぱちりと片目をつぶったら、あなたは5秒後に「死んだぁ!」を周りに宣言する。
 全員を「殺す」ことが出来れば犯人の勝ち。それを阻止できれば、犯人以外の勝ちである。

---------(恩田陸『六番目の小夜子』:新潮文庫 冒頭より。ただし、うろ覚えで抜粋の上、ルール等改変まで加えてあります。あしからず。)

 まぁ、平たく言えば、打ち上げ旅行の夜は、ビデオを観てからずっとこのゲームで盛り上がっていたということですよ。通称『ウインクキラー』。「視線で相手が殺せたら……」という、人間の暗い欲望が生み出したというゲームです。詳しいルールが知りたい読者さんがいましたら、コメント欄にご一報ください。書きますので。

 観終わったのが22時ごろで、かれこれ4時間くらいやっていたのではないでしょうか。そして1回につき10分もやれば終わりますから……推定24回?

 ま、その間私には一度も「犯人」役は回ってこなかったんですけどね。
 犯人は私の隣人十三号、なむさんです。
 犯人になるたび、狡猾に何人もの被害者を出しました。しかも3回連続で犯人役を得るなんてこともザラにありました。たのしそうだなぁ。犯人。

 つまり、私は今年度の作品で悪役を演じて、母親を泣かせたりしました(こんな子に育てた覚えはない、と。実話。)けど、俺は無実だ!

 次の日には、ロックハート城に参りました。雪のせいで大部分の設備が閉鎖されていました
 幸せいっぱいのカップルが書いたであろうハートマークの絵馬もどきがいたるところに引っかかっておりまして、
 世界なんて滅びればいいのに。
 と思ったことは言うまでもありません。
(ギンペイ:旅行編これにて終了)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。