舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虎と兎においついた
 先週の殺陣セミナーは、成功裡に終了しました。
 参加してくれた人たち、ありがとう!!
 次回も考えるよ。

 それと前後して、『TIGER&BUNNY』の無料配信を観てたりしました。
 面白いですね。
 ただ、特に序盤で、一部不満なところが目立ちました。

 面白いと思ったところが、『登場人物皆が、自分の利益を最大化させようと合理的に動いてる』ことで、不満に思ったところが『お前の行動だけは、合理性にはずれるだろ』と感じられた部分。

 まず、世界設定・背景設定はとても面白い。超能力者がいる世界で、彼らは『ヒーロー』として正義のために活動している。従来ヒーローの生活基盤は個人の自費だったり(アメコミは、この傾向が顕著だと聞いてます)お上だったり(攻殻機動隊とかパトレイバーとか……警察以外だとなにがありましたっけ? 科学特捜隊とか?)謎の組織だったり(戦隊もの組織の維持費は、いったい誰がだしているのだ)するものですが、本作のヒーロー達は全く別物。「企業にスポンサードされて、企業ロゴを背負って戦う」のです。本人たちへの給料もばっちりでていて、「職業としてのヒーロー」が描かれている。
 ヒーローの活躍はテレビ中継されランキングされ、まさにプロスポーツの様相を呈しています。

 この構図は、非常に合理的だと思うんですよね。

 社会→犯罪取り締まりの手段・権力が増えて嬉しい
 ヒーロー→自分の特異性を社会に正しく還元でき、対価として金銭と名誉を与えられる
 企業→ヒーローを支援することがイメージアップにつながり、収益を生む。

 企業にとって、ヒーローが犯罪取り締まりに貢献することで直接の収入はない(と、思う。描写されていないところで補助金でも出ているなら別ですが)が、お抱えのヒーローを持つということはイメージアップという点で、スポーツチームを持つ程度の合理性はあるわけですね。
 よくできた設定だこと。
 登場するヒーローたちが実在企業のロゴも背負っているから、それがまた興味深いやら笑えるやら。
 個々人としてのヒーローも、ランキング上位に行くことを目的意識としている者、正義を守りたい者、テレビ中継に映りこむことに情熱を燃やす者とさまざまです。

 主役の「タイガー」さんはまさに「正義を守りたい」という落ち目ベテランヒーロー。キャリアは相当長いが、感情が先行するため不器用で失敗が多い……っておい!!
 ここが作品序盤、最大の不満点でした。
 セオリー無視、感覚重視で失敗する主人公。「市民を守りたい」という一心でヒーローを長年続けてきたというならば、あまりにも拙すぎるだろう。
 人が生み出す結果というのは基本的に 結果=熱意(意志)×能力 で表せると思うんですよ。おおざっぱには。当然、運だの何だのとここには書いていない変数も考えるべきなんですが。

 何年もヒーローやってきてあれだけ無能って、絶対タイガー市民守りたいと思ってない。
 もっと頑張れよオッサン。
 まぁ、1クールを終えた時点では普通に役に立つようになってきたみたいだから、いいんですけどね。

 文句は言いつつも、ヒーローはみんな好感が持てて、楽しく観ています。続きがたのしみ。
 ギンペイはホァン・パオリンさんを応援しています。(ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。