舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『フラグ』の話2
 前回の記事でも扱った『フラグ』。
 復習しますと、
「コンピュータの世界に於いて、なんらかの事象が発生する十分条件」
 転じて
「物語に於いて、なんらかの事象が発生する『お約束』的な兆候」
 これが、フラグです。

 物語を語る上で最も人口に膾炙するのは『死亡フラグ』。これは、前に述べたとおりです。

 さて、もうひとつ、『フラグ』の一大勢力とは。
「恋愛フラグ」です。
 ある異性同士が(同性の場合もオタク文化では多々あるのですが……。却下。)『ステディな関係』になる兆候。代表例には、以下のようなものがあります。

・パンを咥えた女子高生、遅刻ギリギリの登校中、男とぶつかる。ちなみにこれが初対面。
ぶつかった男が転入生で、女性の隣の席に座ることになる。
・体育倉庫で片付けをしていたら、無人と勘違いされて施錠。男女が一晩取り残される。
・男が宿の大浴場に入っている間に、男湯女湯の入れ替わりタイム。宿のスタッフが男を見落として、……あとは分かるよね?

 上記は「シチュエーション型フラグ」とでも言うべきでしょうか。
 急接近を促す外的要因です。
 そしてもう一つは「発露型フラグ」と名付けましょう。
 好意が表に出てくる表現としての、フラグ。

 通常、人の気持ちは分かりません。
 だから人は、相手との距離をはかれずに失敗するのです。
 こんなことがあったら、相手は自分に好意を持ってるんじゃないの?
 それが、発露型フラグ。

・深夜、何時間も携帯電話で話し込む
・メールにハートマークが付いてきた
・飲み会の別れ際、無言で袖を捕まれた
・「え~、この中でだれが一番好みかって? ……○○君」

 ちなみに、自分に有利となる「フラグ」を利用できない人を、俗に「フラグクラッシャー」と言います。
 大変、勉強になりましたね。

 最後に一言。
 フラグとか、恋人とか、都市伝説だから。
 フリーメーソンの陰謀だから。
 恋人がいると思ってる人、それは幻だから。

(ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。