舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いかもの探偵攻略の日
 寒いですね。
 金曜の飲み会でまたしても終電を乗り過ごしてたりしたら、熱を出しました。
 引き籠もりついでに攻略したのが、ニンテンドーDSソフト『いかもの探偵-IKATAN-』。

 それじゃあいつものあらすじ紹介、いってみよう。

 豆富市警の窓際警官、不破雷同(ふわらいどう)巡査部長は、自分に割り振られた「いかもの事件(警察がまともに相手をするには、あまりにくだらないと判断された事件)」の解決を、(面倒だから)友人のシナリオライターに「強請」する。
 本職があるからと、当然断るライターだったが、警視正を父に持つ、ライターの姪っ子が、俄然興味を示してしまった。
 楽しそうに捜査へ向かう姪っ子のお供にと、ライターは慌てて部下を一人あてがう。
 急遽、少女のボディーガードを命じられたその若者は、趣味と実益を兼ねたとある特技を駆使し、事件解決に尽力するのだ!!


 ……一言で言えば、初めてビッ○カメラのゲームコーナーで見たときの印象が、そのまま正しかったといったところでしょうか。

「イラストレーターは好きな人なんだけど……!! 面白そうかと言われれば……!!」

 ブギーポップ信者にとって、緒方剛志イラストの破壊力は抜群でした。

 多分これは、登場人物たちの会話を楽しむゲームなんでしょう。
 心の汚れたプレーヤー向けの、ニヤニヤしてしまうネタはいろいろありました。
 どきどきナントカ神判のパロディとか「この子をタッチしても、なにも起きません」には、声を出して笑いましたとも。
「変装」と「変装解除」の、あまりの扱いの違いに笑ったり。
 しかし……。なんとも……。

 はっきり言って、ゲーム性は皆無に近いです。
 一応リソースの制限はあるのですが、攻略する気で素直に進めていけば、全く困りません。
 ヌルヌルな難易度で、クリアの快感が、無いです。
 プレーヤーに何度も「気づき」の快感を味わわせてくれる『逆転裁判』シリーズは、偉大なんだなぁ。

 その分ストーリーが面白いかと言えば……むぅ……。
 捜査線上に浮かび上がった容疑者は、確実に犯人です。
 犯人を突き止める際の驚きは、ありません。
 先に書いたように、犯人を追い詰めていくことに爽快感があるわけでもありません。
 一つ一つのストーリーを、起承転結で表すならば……起承結とでも言うべきか。
 転がないです。意外性とか盛り上がりとか……なんか入れようよ!!

 主人公およびヒロインは、悪くないキャラの立ち方をしてるんだけど……。
 それにしても、物足りない……。
 総合的なストーリーでもなく、ゲーム自体の出来でもない、小ネタの数々で満足できる人のみ、この作品をプレイする権利があります。

 検索をかけても公式サイトしかヒットしない惨状を見るに、この記事もニーズは無いんだろうなぁ。

 しかし、『銀色の髪のアギト』といい、今回といい、仕事を選ぼうよ、緒方さん……。
 彼のイラストさえなければ、気づきもしなかったし、散財もしなかったのに……。
(またしても、読者を置いてけぼりにしてしまった。……いるのか?:ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。