舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感情の部品探し
 新カテゴリ、立てちゃいました。
 そういうわけで、演技技法の研究カテゴリです。
 ボケることより、真面目に考察することを優先に書いていきます。
 演技を始めて、まだ右も左も分からない人の参考になるといいなぁ。

 最初の話は、感情の種類から。

 小学校高学年のとき、担任の先生は図工が専門でした。
 図工の授業では、こんなことを言われてました。

「絵の具をチューブから出してそのまま使うのを、私は『絵の具の宣伝』と呼んでいます。みなさんは宣伝なんてしてないで、きちんと色を混ぜて、絵の具を使って下さい」

 そう言う割りに、単色使いがなぜ駄目で、混色で何を目指すべきなのか、教えてもらえなかったんですけどね。
 当時、まだ美術館に行ったこともほとんど無い頃。
 教科書でしか名画を知らない私の目に、圧倒的に美しく映っていたのは、数々の油絵でした。
 ですから、色合いが不安定になる混色は、あまり楽しいものではありませんでした。

 今思えば、その不安定さこそが、水彩画の味なのかもしれませんけど。

 ともあれ当時の私は、先生の指導に釈然としない思いを抱えながらも、二つ以上の色を混ぜた絵の具を、常に使っていました。

『TWO』の練習を見ていて、感じたことがあります。
 演技初心者である今年のメンバーは、自分の演じる感情が、果たしてどんな感情なのか分からないままで、台詞をなぞっているのではないか、と。

 だから、こんな提案をしてみました。

「なんの混ざりっけもない、『純粋な感情』を演じてみたら?」

 と。
「絵の具の宣伝」をしてみろ、って話ですね。

 色の原色は一般的に知られています。
 調べてみたら、「赤・青・黄」とかじゃなくて、「シアン・マゼンタ・イエロー」なんですね。

「感情の『原色』は、これと、これと、これ」なんて定説はないだろうと思います。
 ただ、素人目に「基本的な感情」に見える奴を演じてみて、引き出しを増設してみたら? って話です。

 私がそのとき提案したのは、『笑い』『怒り』『悲しみ』だったかな?
 シナリオから離れて、それぞれを全力で、30秒。
 自分なりのシチュエーションを付随させてよし。

「根源的な感情とは何なのか」
であるとか、
「シナリオのこの台詞を、『原色』で演じるとしたらどんな感情だろう、どう演じればいいんだろう」
といった研究も、なかなか価値があると思いますよ?
(ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。