舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気持ちは通じると信じる
 団長。
 小屋入り前に、ささやかな喜びを感じている場合ではない。
 そのくらい大変なことを、君は言明してしまった。
 ここのコメント欄でね。

 引用させてもらう。

でも、僕はギンペイさんに比べると、どちらかというと“演じる側の目線”が強いので。

良くも悪くも自分をぶつけてみて、反応がもらえればそれでいいみたいな。たとえ酷評されたとしても、それはそれって思ってしまうというか。


 たとえば映画で、2時間観た観客に、何も伝えない、何の快感も与えない作品。
 時間を無駄にしたと心底思うような作品。
 そんな作品を揶揄して、一部の観客はどう言うか知っているだろうか。

『製作者の自慰行為』だよ? (普通はカタカナ表現だ)

 ネット上で目にする類の表現だから、実際口に出すものかは分からないが。

 観客に、観客が割いた時間分の快感を与えようとしていない、作り手が一方的に気持ちよくなっている作品を、こういう風に言うんだよ。
 反応がもらえれば酷評でも構わない、というのは、よりよい反応を得る努力を放棄しているように思える。

 演出がこういう態度を言明するというのは、その態度にメンバーを巻き込むということでもある。
 その恐ろしさ、分かってる?
 分かってるなら、改めて欲しい。
 分かっていないなら、組織内の権力なんて持つもんじゃない。

 そしてもう一つ。
 反応してくれるお客さんというのは、これまでのRadishの実績とか、メンバーの人間関係とか、制作さんの努力とか、そういうものへの『反応』として観に来てくれるんだよ?

「酷評されてもそれはそれ」だって?

 反応があるのは、作品の受け取り手がいるからだ。
 酷評されるような作品だったら、待っているのは受け取り手の消失だよ?

「ああ、あいつの芝居か」でも、「ああ、あの劇団の芝居か」でもいい。
 一度観客に『痛い目』を見せてしまったら、次に続く言葉は「もう観に行きたくはないなぁ」だ。
「反応してもらえれば満足」な人に、未来の観客が食いつぶされる。
 下手をすると、現役メンバーの友人関係もね。

 引用したようなあんな態度は、即刻改めて欲しい。

 もしも本気で、「自分が気持ちよければ、相手の反応なんてどうでもいい」と思っているなら、組織の枠組みなんて使わず、自分一人でやってくれ。

 さて、例のコメント欄で団長が周りにぶつけた「自分」に、私は『怒り』と『あきれ』という評価を抱いた。
 これはまぁ、『酷評』に類するものと考えていいだろう。
「反応がもらえればそれでいい」君は、これにどんな感想を持つのだろうか。

 もしも私が言い過ぎだと思うなら。
 心外だと思うなら。

 頼むから、もっと客の方を向いてくれ。
(ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
だから、もっと本気で自分の言いたいことを伝えなくちゃっていうニュアンスで書いたのですが。

僕の書き方もまずかったですけど、一応ブログってメンバー含む不特定多数の人が見るものなので、ギンペイさんの解釈だけで、いきなりこういう記事を書かれてしまうのはちょっと困ります。

まずはメールなりで、個人的に僕に怒りをぶつけて、僕の意図を確認してから、公の場へと進むのが、一般的な手順だと思うのですが・・・。

つい最近も、同じようなことありましたよね?
2008/09/23 (火) 05:45:15 | URL | 下田 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。