舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見よ負け犬は帰る
 今日は、今年の第一回脚本会議でした。
 いきなり振り返って、先週の話。

若杉「じゃあギンペイさん、今年も脚本期待してますよ。」

ギンペイ「来週の金曜(今日)が資格試験なんだよね。」

若「まあ、来週じゃあキャスト数が決まって一週間ですし、プロットでもいいですから。」

ギ「え~? まあ書きたいのは書きたいんだよね。……期待しないで待っててくれ。」

下田(団長)「いや、やめてください。そんな状態で書かれたらこっちが心配になります。」

 そして、今日の話。
 資格試験には見事合格!(受験直後に結果が分かるんですよ。)
 よし、解放された!
 そんなわけで、仕事を終えて、脚本会議(推薦脚本プレゼン大会)に途中乱入しました。

下田「じゃあ、脚本の推薦はこれで全員だね……」

ギ「はいはい! 俺も書きたい!」

下「却下。」

ギ「は?」

下「日程がギリギリですから。これから書くのなんて認められません。」

ギ「……いや、手持ちの作品のリライトだし、一週間待ってもらって、それで書き上がってなかったら却下でいいから……」

下「却下。」

ギ「なぬ?」

下「そもそも今年は、OBの作品があっても断るつもりでしたし。」

ギ「な、なんだってー!? だって、先週は若杉君があんなこと(プロットでもいい)を……否定してなかったよね……?」

下「お気の毒です。」

 ……確かに、去年の私は、OBの理不尽に振り回された。
 OBを関わらせるなんてまっぴらだという気持ちは分からんでもない。
 しかし私自身は、OBになる前も、なってからもこういう扱いか……。
 頭の中では「るるる~るる~る~る~♪」と、『君をのせて』が流れていました。

 まあいいや。
 リライトしよう。
 あの作品自体は、ちゃんと手を加えてやりたかった奴だし。

 それに、もしも面白い作品ができあがれば、下田君の方針だって
下「変わりませんよ?」
(ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
全て仰るとおりです
公演のことは公演メンバーに任せてください。それが一番だと思っています。

OBの方は、昨日の様にたまに食事につれてってくれたり、通しで貴重な意見をくれたり、本番を見に来てカンパをしてくれるだけで、我々にとっては十分有難いのです。
2008/07/12 (土) 09:30:05 | URL | 下田 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。