舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
でぃばいでっどを舐めていた
 デジタルデバイドという言葉をご存知でしょうか?
 パソコンをはじめとするデジタル機器を使える人と使えない人の間で、情報格差や貧富格差、待遇格差が現れるという現象のことです。
 そのデバイドを自認する人が、「よいとこ」公演メンバーの中にいます。

 演出さんです。(23歳女性の方)

 最近の公演準備段階では音響素材もデジタル、宣伝素材もデジタル、脚本の配布すらもデジタルという状態がざらになっていて、かつて彼女は、我々がデジタル作業手順について話すたびに悲鳴をあげていました。

 しかし、最近は悲鳴を聞く機会が減った気がしていたんですよ。彼女がデジタルを学んだのか、周囲が彼女のことを学んだのか。まあこの前、改めて悲鳴を聞くまで、その減少自体に、私は気付いていなかったのですが。

 それは、練習前のウォームアップ中のことでした。
 我々のウォームアップには、息を何秒間吐き続けられるか、といったメニューが組み込まれています。
 私の時計、ストップウォッチが付いてます。個人的な呼吸のトレーニングの時には使ってますし、結構便利です。

「貸そうか?」

「どうやって使うの?」(←我らが演出様)

「AボタンとBボタンがあって、Aがスタートとストップ、Bがリセット……」

「無理無理無理!」(←T大法学部4年生)

「は?」

「そんなの私使えない! 機械苦手なの知ってるでしょ?」(←T大ロースクール進学内定者)

「え? 機械ったって……」

「使わない!」(←未来の法曹)

 うーん。
 時計に付いてるボタン、AとBだけだったんですが。
 かの藤田和日郎先生だって言ってましたよ? 「コンピューターは、ボタン二つまで!」って。暗に、ボタン二つまでなら扱えるって。

 そして、『デジタルデバイド』を語る上で、このエピソードにはさらに外せない一面が。

 私の時計、アナログなんですよ……。
(そのうち演出さんにも、使い方を覚えてもらいましょう。:ギンペイ)

東大生ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
誰の事だか、わかるごうですv-289
3月の公演、観に行こうかな?と
おもっております。
その頃は、お休み消化でほとんど仕事を
していないはずだから。
楽しみにしております。
2008/01/24 (木) 22:13:42 | URL | ごう #-[ 編集]
いらっしゃいませ。お待ちしております。
29日には第一通しだ。どうしよう。
2008/01/26 (土) 12:19:26 | URL | ギンペイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。