舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロジェクトR~演劇者たち~(3)
 こんばんは。ギンペイです。今日はRadishメンバー総出+たくさんの助っ人の方々の協力を得て、駒場小空間に於ける舞台仕込みの作業が行われました。今日12月6日が火曜日で、公演は明後日木曜日から。明日はゲネ(11月24日の記事参照)の日です。今回のプロジェクトRは放送予定を変更しまして、今日のホール入りの様子を簡単にお知らせします。

 早朝の長いまどろみを抜けると、天気予報は「最高気温7℃」を告げていた。
 今日は、東京を強烈な寒波が襲ったようです。駒場の銀杏並木がとっても綺麗だなと感心していたところで、いきなり最高気温7℃切りですよ。我々は今週末まで意地でも体調を崩すわけにはいかないというのに。
 今回は、「搬入」の作業は楽でした。なにせ必要な平台はほとんどホール内にそろっており、持ち込むのはパネルやその支え、平台の下にとりつけるアシだけでしたから。
 しかし。
 ホールの平台は、造りがしっかりしていて、重い! 3×6サイズの平台(通称サブロク。単位:尺)なんて、なかなか一人で運べませんでした。また作業時間も長く、途中で何度か長めの休憩が挟まれたにもかかわらず、解散時点で私はへとへとでした。こんな過酷な作業のために、わざわざ力を貸しに来て下さった他劇団の方々には、本当に頭が下がります。

 尽力の甲斐あって、かなりいい劇場が出来上がっています。舞台も客席も、頑張って作りました。私たちの血(小さじ一杯)と汗(大さじ二杯)と涙(少々)の結晶(調理時間:約12時間)を、どうか見に来て下さい。

 また個人的には、劇団Radishを、猛烈なカンパが襲うことを期待してやみません。
(また、公演のために更新が滞るかもしれません。:ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。