舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3時間目の目覚め
 ※東京大学経済学部、卒論執筆者必見!! の記事です。

 昨日は早く寝ました。
 久しぶりに献血をしてきたので、体が重かったからです。
 およそ2年ぶりの献血には、ちょっとしたわけがありました。

 その日私は、毎度おなじみ横浜の自宅から、1時間半かけて東京某所の大学キャンパスに向かいました。卒業論文の要項に関して疑問があり、教務課に行きたかったからです。

 大学にたどり着き、窓口に行く前に、掲示されている要項を確認する私。
 そこに、クラスメイトのTが現れました。

T「よお、ギンペイやないか。」

ギ「あ、T、久しぶり~。今日はどうしたの?」

 授業は金曜で終わりましたから、彼も「わざわざ」大学に来たはずです。

T「試験日程の掲示、確認しにな。もう単位は揃ってるから、なんなら試験受けずに旅行に行きたいんやけど……。」

ギ「へー、そのためにわざわざ。」

 私にとって、大学は「遠いところ」です。

T「うん。俺んち、そこの吉野家の裏(徒歩5分)やし。」

 さすがは独り暮らし! 近いぞ関西人!

ギ「ふ~ん、近いんだ。」

T「ギンペイは何しに?」

ギ「卒論のルールで、教務課に聞きたいことがあってさ。」

T「電話すればよかったやん。」

 ……。
 おれたちはばかだっ!

 Tとはにこやかに別れ、予定通り教務課にも赴きましたよ。

 しかし、このままでは意味がない。
 私が外出して、何時間もかけたことに意味がない。
 誰か私に意味をくれ。

 ということで、献血してきました、というわけです。
 成分献血だったんですが、機械が散々止まって、採血に1時間以上かかりました。おかげで高専ロボコン2007の序盤戦を見逃してしまったじゃないか。

 さて、教務課の件。
 いくつか聞いた話だと、以下の通りです。

 教務課は、字数ページ数その他のルールを「卒業論文に関する要項」として発表しているが、それには必ずしも拘束力はない。
 文字数やページ数に関しては、指導教官と話がついているのであれば、どのようにしても構わない。

 だそうです。
 オリジナルの数値資料を添付したら、文字数に入ってしまうのか、ということを聞きにいったんですがね。
 というわけで、安心してデータが添付できそうです。
(ギンペイ)
東大生ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
久しぶりm(。。)9
卒論執筆者です・・
もうPCみたくない感じです。
貴重な情報サンクス
でも
エクセルだるいなり

さて、
主宰には怒られるかもしれないが・・
サブカル 別に良くない??

個人的には
「それをすてるなんてとんでもない」
は懐かしくてつぼでした。
卒論・・
 
闇の世界を照らしてくれる勇者様求む
2007/12/27 (木) 23:45:22 | URL | K #-[ 編集]
>PCみたくない
 それは典型的な「脚本うつ」です。
 酒を浴びるほど飲むか、温かい地方に逃避することで緩和しましょう。

>「それをすてるなんて……」
 その割りに、練習中は無反応だったな。(「それを……」は『先生』の台詞からの引用です。)
2007/12/29 (土) 23:40:44 | URL | ギンペイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。