舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公演の週編
いやいや、このままだと中途半端な感じでフェードアウトしてしまいますね。いかんいかん。
というわけで、どれだけの人が楽しみにしていてくれるかは知りませんが舞台裏のダイコンたちの続きです。

 なんとか主に園田さんと2人で舞台残作業を片付け、仕込みが出来る状態にこぎつけました。
 スーツ姿で木材を買いに行ったり、朝一で工具をたくさん買いに行ったり、日が沈み暗い中でペンキを塗ったり、ベニコッパ大量に作ったり大変だったよね、園田さん。暗くてペンキがよく見えないとか言ってたけど、君の塗ったけこみは完璧だったよ。(なぜそんなに上手く塗れるんだ!)

 ホール(駒場小空間のこと)入りしてからは舞台をつくったり、夜中の1時から翌朝8時過ぎまで照明作業を手伝ったりして、慣れない僕はへとへとになってしまいました。

                 しかし

 僕は火・水・金は実験のため本郷に行かなければなりません、一度でも無断欠席すると即留年決定という恐ろしい罰が待っています。毎回疲れる体で駒場から本郷に向かいました。
 でもあれですね、やはり疲れていると脳が正常に働かなくなり、普段は絶対にしないようなことをしてしまいますよね。僕もその例に漏れず、火・水とやらかしてしまいました。

火曜
 この日は舞台作業をギリギリまでやった後本郷に向かうことにしました。昼食の時間を考慮して、実験の20分前に本郷に着くように計算していたので、着いたらすぐ食べられるようあらかじめ昼食を駒場の生協で買い、準備万端で出発しました。お昼だったので電車はすいていて、余裕で座る事が出来ました。前日の仕込みの疲れもあってか、ついうとうとと眠ってしまいました。
 しばらくして起きてみると、なんと降りるはずの駅を一駅通り過ぎてしまっていました。瞬間、まずいと思って急いで降りて反対方向のホームへ向かおうとしたところ・・・あれ、なんか荷物が少ない気がするな。なんだろ、あ・・・

   買っておいたお昼がない!

電車内を振り返ると僕の座っていた場所にお昼の入ったビニール袋が。しかしときすでに遅く、ドアは閉まりお昼は僕の手の届かないところへと行ってしまいました。・・・・・・・・・はぁ、あれは悲しかった。もちろんまた買いなおす羽目になり、320円が無駄になってしまいました。

水曜
この日は前述の照明作業の後だったので、とても疲れていましたが前日の反省を生かし行きは何とかミスなく本郷にたどり着くことが出来ました。実験も4時半というかなり早いし時間に終わり、幸せな気分で駒場に戻るため電車に乗りました。何もかもが上手くいっていたためすっかり気も緩んで、電車内で眠りについてしまいました。目覚めてみるとそこは…成城学園前?

           どこだよ!?

降りるはずの駅から軽く10駅以上経過していました、また乗っていた電車が急行電車という不運。予定していた経路を変更したほうが駒場に早く着くため、電車賃が100円余計にかかってしまいました。・・・・・・・・・(自己嫌悪)

さすがに本番ということもあって金曜はノーミスでしたけどね。

被害総額420円(精神的ダメージは∞)という悲しい結果に。

ケチとか言うなよ!

クリックは絶対です

東大生ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。