舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通しの①日、夜
 今週水曜日から、一泊の合宿です。
 木曜の午前には、通し②が行われます。

 ぎゃああああああああ!

 ……、すいません、取り乱しました。
 木曜朝に、“nice boat.”ってな事態にならないよう、最善を尽くします。

 で、今日はこの前の通しの日、あの後になにがあったか。

 通しのあと、私たちはさっさと駒場を出ました。コミプラの部屋貸し出し時間が迫っていましたからね。で、渋谷のシェ○キーズで食事をしていこう、ということになったのです、が。

 なにぶん時間の遅かったあの日。入った直後にラストオーダーの時間が来てしまいました。私たちのオーダーは「食べ放題」。いくらでも注文することが出来てしまいます。

 こういう時、私は「食べ残さないように」というのを優先して注文します。
 でも世の中には、そう考えない人も多いのですね。

 音響の○野さんとか。

大○「大丈夫、食べきれる食べきれる。」

 でも、ピザを5枚にフライドポテト2篭追加って、多すぎません?

○野「大丈夫だって。なんなら俺が食べてやるよ。」

 そして、注文。大量の残り。
 ……どうするんですか……。

○「こういうのは半分も食べればいいんだよ。」

 いや、その理屈はおかしい。

 結局、私は相当頑張りましたが、全部食べきるのは無理でした。ピザ一枚分相当が……。
 大量注文を煽った本人が頑張らなかったのは、道義的に問題があると思います。
(ギンペイ)


東大生ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。