舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通し①の日、昼
 ブログでは全っ然触れられていませんが、『ひときれのフーガ』の準備は、必死で進められています。週3回は練習してます。
 昨日は、初めての通し練習がありました。

 しかし、限りなく大きな問題が一つ。

 キャストに、台詞が入ってない。

 今年は諸事情により脚本の配布が遅れ、練習が間に合わず。
 キャスト達は、反復練習が全然足りない状態で、昨日の通し当日を迎えました。

 そんなキャスト陣がとった苦肉の策は、
 一日練習。

 通常、練習時間は一日三時間です。キャストの集中力・場所取りといった都合でそうなっています。しかし、昨日はそれを曲げました。

 通しの集合時間は、夕方六時!
 キャストの集合時間は、朝九時!

 はい、もうほとんど、出鱈目ですね。
 練習は、3時間×3セット。
 キャストの駒場での活動時間は、計11時間に及びました。(練習時間との差分は、休憩時間です)

 練習の甲斐あってなんとか、通しは体裁を整えることができました。

下田「なんかこの時期にしては、完成しすぎてる気がしました。」

 照れるぜ。

下田「いや、これから良くなっていく余地、伸びしろが感じられなかっただけなんですけど。」

 え? どういうこと?

下田「なんとなくそう思っただけです。」

 アドバイス、ダメ出しは具体的にと、いつも言ってるじゃないかああ!

 折角見てくれた主宰、あんまり役に立ちませんでした。
 演出として役者として、演技を見る切り口を考え直さなくちゃいけないかなぁ。昨日までは、「とりあえず覚えろ」ばっかり言ってましたしね。
(ギンペイ)


東大生ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
台本にも目をやりながら見てたんですから、二つ同時にやるなんて集中力はありませんでしたよ。
僕は単純にお客さんとしてじっくり見たかったのに。
2007/09/16 (日) 08:03:03 | URL | 主宰 #-[ 編集]
いやそこは、単純な客じゃなくて、より良い作品を創るために協力してもらったということで。
2007/09/17 (月) 00:18:24 | URL | ギンペイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。