舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校に行って来ました 授業もないのに
 今日は経済学部の教務課に行って、期末試験の

 カコモン、ゲットだぜ!

 ……すいません、言ってみたかっただけです。
 しかし、(我々の世代にとっては)懐かしの『ポケモン』も、気付けば発売から10年以上経ってるわけです。まだ続編は出てるんでしょうか? おじさんは、『ダイヤモンド・パール』まで出た、ということしか知りません。(プレイしたのは『緑』だけ。)
 そういえば、映画はまだ毎年夏に公開してるみたいですね。

 この作品について考えると、どうしても暗い気持ちになる問題が浮上します。
 それはただ一点。

 一体何人の小中高生(当時)が、「進化」の意味を取り違えて覚えてしまったことだろうか。
 ということ。
 生物の先生が、正しい「進化」の概念を教えるのが大変になったのではないでしょうか。

 進化とは(以下、三省堂「大辞林 第二版」より、適当に抜粋)

生物は不変のものではなく、長大な年月の間に次第に変化して現生の複雑で多様な生物が生じた、という考えに基づく歴史的変化の過程。

 だそうです。要するに、親から子へ、子から孫へ以下略という、連綿とつながる命の営みの結果として起こるものということですね。
 各個体がそれぞれ繰り返す形態変化なんて、進化じゃないやい。
 当時小学生であった頃から、私はそう考えていました。

 まぁ、ポケモンに関してだけだったら、そのゲーム固有の用語として、普通に認めていたところなんですけどね。
「進化」という言葉の乱用は、単独作品にはとどまらなかったのです。

『デジタルモンスター(以下、デジモン)』というおもちゃがありました。これも、まだあるかもしれません。
 要するに、男の子向けの、「モンスターを育てる『たまごっち』」です。
『たまごっち』をやったことのある人なら知っていると思いますが、あのテの育成ゲームは、数日ごとに育てているキャラクターが、別のキャラに変化します。(幼体→成体 とか)
 ウチの弟は、デジモンのキャラ変化も「進化」だとのたまっておりました。
 私は兄として、個体の形態変化を「進化」と呼ぶのはおかしいのだ、あれは「成長」と呼んでおけばいいじゃないか、と、科学的見地からみて正しいはずの理論で、弟をたしなめておりました。
 当時の私は正しかったはずだという意見は、未だに変わっておりません。

 しかし。
 この私の科学的ツッコミを無にするような出来事が起きたのです。

 当時の小学生の、おもちゃ購入バイブル『コロコロコミック』にて、デジモンのキャラ変化が『進化』という名で扱われていたのです。

 兄の振りかざす「科学的見地」も、オフィシャル名称の前には敵いません。私は、たしなめる対象であったはずの弟に、鼻で笑われる立場と相成ったのでした。

 ああ、そういえば、『空想科学読本』(柳田理科雄に、ああいう形態変化にぴったりの言葉があったよな……。
 そう、「変態」です。
 いや、罵る意味じゃなくて。
 ……ディスプレイの前で、私のことだとか言った奴、覚えてろ!

 これです。(出典は「進化」に同じ)

動物が成体とは形態・生理・生態の全く異なる幼生(幼虫)の時期を経る場合に、幼生から成体へ変わること。また、その過程。

 これなら、本当にピッタリします。

 おめでとう! ピカチュウ は ライチュウ に へんたい した!

 ピッタリ……しないな。
(ギンペイ)

↓おめでとう! ランキングのじゅんいが あなたのクリックで あがる!

東大生ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いやぁ僕ら世代には懐かしい単語ばかりですね。ギンペイさんもやっぱりそういうのやってたんですね。
2007/07/21 (土) 10:13:15 | URL | 下田 #-[ 編集]
実はゆとり世代の指導要領には進化は小中高含めても、
高校の生物IIでしか入ってなかったりします。
これだからゆt将来の日本の科学リテラシーが楽しみですね☆
いや、自分も人のこと言えませんが笑

いやでもマジメに生物IIの履修者なんてほとんどいないしなぁ……
文科省も何考えてるのやら。
2007/07/21 (土) 17:15:45 | URL | わか #k6GTVN6M[ 編集]
>下田君
やってました。デジモンあたり、知名度はどうなのかなと思ったけど、やっぱり当時の「男の子」は知ってるのね。
ミニ四駆だって、2台くらいは持ってたぜ。

>わか君
進化の扱い……マジですか?
それはなんだか、由々しき事態に思えるぞ。
あと、悪いインターネットには毒されないように。
2007/07/21 (土) 23:47:54 | URL | ギンペイ #-[ 編集]
http://www.google.co.jp/search?q=site%3Awww.mext.go.jp%2Fb_menu%2Fshuppan%2Fsonota+%E9%80%B2%E5%8C%96&sourceid=navclient-ff&ie=UTF-8&rlz=1B2RNFA_jaJP212JP214
調べてみたら、あと地学Iと理科総合B(ゆとり世代から新設の、中学の理科第2分野の延長みたいな科目で、第1分野の延長の理科総合Aと選択必修)でも進化は扱うらしいですねぇ。

まあ、地学Iなんて生物IIより履修者少なそうだし、理科総合Bなんて一番履修漏れの対象になりそうな科目だし笑
(自分の高校は化学Iと物理Iを少しだけやって理科総合Aを履修したことにしてましたし)
結局進化を学ぶのに公教育は期待しない方が良いって話ですね。

まぁ公教育に頼らなくても常識だと思いますけど。
というか、将来においてもそうあることを強く願いますけど。
でも、小学生の数十%が天動説信じてたって報道も見たことあるし(信憑性は知らないけど)、怪しいなぁ……

デジモンとか、昔はみんな持ってましたもんねぇ。
おぢさんはたまごっちまがいだった頃のデジモンしか知らないけど、
Wikipedia見たらなんかとんでもないことになってますね。
ミニ四駆は不器用なもんで、肉抜きに失敗してボディを破壊してやめた記憶があります笑

あと、
>あと、悪いインターネットには毒されないように。
何のことですか?笑
2007/07/22 (日) 00:39:41 | URL | わか #k6GTVN6M[ 編集]
デジモンはいまだに保管してあります、ミニ四駆も一台だけ。
ジョグレスとか男の子心をくすぐるのが上手いですよね。バージョン違いとジョグレスしないと生まれないモンスターがいるとかね、まぁ一度も生み出せませんでしたが。
2007/07/22 (日) 02:15:00 | URL | 下田 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。