舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本家『カレッジ』を見てきた日
 昨日は池袋サンシャインシティに、演劇集団キャラメルボックスの公演『カレッジ・オブ・ザ・ウインド』を観に行って参りました。

 カレッジ・オブ・ザ・ウインド。
 これは私にとって、あまりにも強い思い入れのある作品です。
 私が劇団Radishに入団して、初めて創った演劇作品が、これでした。(公演紹介ページ)

 ああ、この作品から全てが始まったんだなぁ。
 演劇というフィールドで仲間に巡り会って、大学での主活動を演劇に絞ったのも。
 それでいて、「同期の中で最低の役者」となり、「才能あふれる役者」としての道が絶たれたのも。
 そして昨年の公演で、まかり間違って全体指揮を担当したのも。
 劇団Radishと出会い、カレッジ・オブ・ザ・ウインドに出演したことから、始まっていたのです。

 ちなみに、昨日観に行った4人(私含む)のメンバーは、いずれもカレッジ出演当時一年生の同期生。うち2人は昨年の公演に出ていません。
 昨日の公演を見終わって食事に行った先でも、

「あ~、あの頃が一番楽しかったなぁ♪」
「ねぇ。あの頃に戻りたいよね。」

 完全に過去に生きちゃってるよこの人達は。
 あの頃が懐かしいなら、今年の公演に出演すればいいのに。

 私ですか? 私は前を見てますよ?
 明日の夜、あらしのよるに、脚本会議が始まるのです。
 選考を勝ち残るには、(直しの余地はあるとしても)まともな脚本を書き上げて臨みたいところなのですが、それがまだ、全然。あと2万字くらい?

 今日の所は、もう寝ます。明日頑張ります。
(私の明日は、いつでしょう?:ギンペイ)

追記:キャラメルボックス公演『カレッジ・オブ・ザ・ウインド』は、まだチケットに若干の余裕があるようです。お暇な方は、是非!
 詳細はキャラメルボックスHPを参照して下さい。

↓ランキングも、若干上昇の余地があると思いたいです。忘れずに2段階のクリックを。

東大生ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。