舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広げよう演劇者の輪
 今日は、夏のアルバイトの面接&研修に行ってきました。
 これで採用してもらえれば、超高日給! チームリーダーとして採用してもらえれば、さらなる手当まで付く! さらばアルバイト無しの金欠生活!

 というわけで、採用の可否とリーダー or not を決める研修には、否応なしに気合いが入ります。男3人女性2人の5人グループで研修を受けました。

社員さん「試しにこの原稿読んでもらおうかな。最初にやりたい人?」

ギンペイ「じゃ、やります。」

社「どうぞ。」

ギ「『現在当店では、非常にお得なキャンペーンを実施しています! 普段○万円の商品が、なんと今日は○千円! しかも同じものをもう一つお付けしてこの価格!』」(記述は架空のものです。)

社「はい、そこまで。なかなかいいね。声も出てるし。」

 褒められました。隣の男の子は驚いてました。声の大きさは、劇団員の面目躍如といったところでしょう。私も「ふふん」と得意になっていました。

女性A「次は私、いいですか?」

社「どうぞ。」

A「『(内容略)!!』」

 う~ん。
 なかなか。
 彼女、声量はともかく、声の張りは私より上でした。滑舌もいいし。

女性B「じゃあ、次は私が。『(略)!』」

 え~?
 読みの技術は無いけど、この子も、声が大きいぞ。
 男性の残り2人は省略します。

 ちょっと休憩、の時に、隣の人に聞かれました。

男性C「上手かったですね。何かこういう仕事やってるんですか?」

ギ「演劇を少々。」

A、B「え?」

ギ「なんです?」

A、B「私も。」

 なんと。
 
 女性は2人とも、大学で演劇をやっている人でした。道理で、私が声で負けたりする(謙遜)わけです。

 ・我々のグループは、5人中3人が演劇関係者でした。
 ・そして、社員さんは我々のグループをべた褒めでした。

以上から導かれる結論:演劇はアルバイトをするにも有利である。

 ですから、一緒に私たちと演劇やりましょう。
 秋の公演でご一緒する人を探してます。コンタクトは、メール、掲示板、ブログコメント欄等からお気軽に。
(ギンペイ)

↓上げよう! ランキング!

東大生ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。