舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまにはまわりをけりとばすようなきぶんで。
 最近、高校時代の友人と会う機会が、少しだけ増えています。
 母校(灰色の男子校)の学園祭で久々に会ったときには、

「おい、いい加減お前の浮いた話でも聞かせてもらおうか。」

 と、散々言われました。
 高校時代当時から既に

「もうそろそろ、浮いた話の一つや二つ、欲しいもんだよ。」

 と散々嘆いていたツケが来た形でしょうか。

 無いよ! そんなもん!

 あまりにもないから、こういう所こういう所とか、あとはいう所で、サプリメントを摂取するしか無いんだよ! があああああ!

 高校時代の友人が、こんなサイトで診断をしてました。
 やってみました。
http://seizo.inte.co.jp/beshi/r/?k=070603jos04662af25c82af
 ……ふ~ん。で?

 ふと思いついて、脈絡のない話。

(1)
 この前コンビニで、よしたに著『ぼく、オタリーマン。 ~ときどき戦い、ときどき負ける~』を読みました。なんか、泣きたくなりました。
 あと、こういう自虐でかねをもらってる人も、高校三年の時には彼女がいたことあるんだなぁ。
 初めての彼女が高三の時、という話を聞いてる人の台詞は「おそっ!」だったし。

(2)
 幼児期に何度も見たアニメ映画『タイムパトロールぼん』に、こんなやりとりがありました。

 ある事故に巻き込まれ、「タイムパトロール隊」なる組織に命を救われた少年、並平凡(なみひらぼん)は、驚愕の言葉を聞くことになる。
 秘密組織であるタイムパトロールの存在を知ってしまった凡は、機密保持のために歴史から抹消されてしまうというのだ。
 以下、凡と、彼を救ったタイムパトロール所属の美少女、リーム・ストリームのやりとり。

凡「消すだなんて! 僕はまだ14歳だよ!? ……女の子とデーとしたこともないんだ……。(ぼそぼそ)

リーム「14歳……で!?」

凡「世の中にはねぇ、モテる奴とモテない奴がいるんだ!!」

 当時、特になにも感じなかったこのやりとりは、15年越しに私の心を抉り続けています。

(3)
 午前中に家を出て、夕刻に帰宅した弟と、母の会話。

母「今日はどこ行ってたの?」

弟「M市(東京某市)。」

母「いや、だから何しに?」

弟「……デート。」

(あ、『A.C.E.2』オモシロイナー。今日も空が青いぜ。:ギンペイ)

↓まぁ、いいからクリックしていって下さいな。

東大生ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。