舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手の内をあかす(3:ポジションを知ろう)
『リレー』と『手の内』という、二つの連載記事が互い違いに進行する中、今回は『手の内』ですよ。もう三回目の記事になります。

 さて、これからサークル選びをする、「演劇をやりたい」or「演劇になんか興味がない」人。
 特に後者の人へ。
 あなたは、演劇サークルにどんな仕事があるか、把握していますか?
 思いつく限り紹介しますから、読んでみて下さい。「こんな仕事があるのか。ふ~ん。俺この作業嫌いじゃないぜ。」とか思える仕事があったら、迷わず、月曜火曜のお食事会へGoです。

 以下のポジション説明は、このページを参考にしています。

演出:
 作品作りの責任者。練習で陣頭指揮をとります。
 結構大変です。まぁ、この仕事については、入ってから理解してもらえれば。

舞台監督:
 公演作りに於ける、リーダー格の一人スタッフをまとめあげる人。
 演出がスタッフに注文したいときには、大体舞台監督も交えました。
 昨年の公演では、日程調整とか、細かいことは大体やってもらいました。

キャスト:
 言う間でもありませんね。役者です。これ以外のポジションは、「スタッフ」と括られます。
 ヒロイン・クラウン(道化)・敵役、と、舞台上での役割は、作品によって様々ですが、劇団内でのポジションは、『作品中、舞台の上で何らかの役割を演じる人』です。私は一応、これに属します。

以下、スタッフ
舞台:
 キャストが動く土台である、舞台作りに責任を持つ人たちです。大工仕事のエキスパート。実際の舞台作り作業は、彼らが『指揮』して、大勢の人間を動かします。
 舞台のデザインをする、『舞台美術』というポジションを、別個に設けることもあります。

照明:
 舞台やキャストを照らす、照明のセッティングに責任を持つ人たちです。舞台やキャストの『何を』お客さんに見せるのかは、これによって大きく変わります。決める事柄は、使う明かりの種類、光の強さ、色、位置、向き、組み合わせや点灯のタイミングなど。
 素人にはどうも手が出しづらい印象があり、私も未だに、照明作りの理屈はよく分かっていません。でも演劇の魅力は視覚と聴覚を通して伝わりますから、非常に大事なセクションです。現在の照明スタッフに、弟子入りする人を求めています。

音響:
「音」で、作品の空気をより深く表現するためのポジションです。
 どんな音を、どう使うかという指定や、舞台設営時の音響機材の設置を担当します。
 使用する音は、銃声や雨の音に代表されるような「効果音(SE:Sound Effect)」と、雰囲気を盛り上げるための『曲』である、BGM(Back Ground Music)に別れます。的確なタイミングで的確な曲がかかると、お客さんは作品にどっぷり浸かることができますし、キャストの演技も生き生きします。

照明操作/音響操作:
 上記の人々によって指定された光や音を、役者に並走し、作品中で実際に操る人たち。「明かりオペ」「音オペ」なんていうふうに呼ばれます。彼らの腕の見せ所は、なんといってもタイミング。
 難度の高いタイミングに、見事合わせるオペレーションを「神オペ」と言います。(笑)

衣装/小道具:
 名前の通り。衣装や小道具という、雰囲気を盛り上げるためのアイテムを手配する人たちです。毎度の公演の度に、買い足しを行ったりもしますが、基本的には団員による持ち寄りで乗り切りますから、彼らの仕事はアイテム集めの『指揮』ですね。やっぱり。
 衣装の人は、作品やキャラの雰囲気を適切に表現するためのコーディネートも行います。これが結構重要。
 昨年の作品では、危うくカウボーイの格好をさせられるところでした……。(遠い目)

制作:
 先輩の言葉を借りると、「運動部で言うところのマネージャー」。
 公演の際のお客様への対応や、舞台設営時のお手伝いさんへの接待など、作品への関与というよりも劇団の『外向き』の仕事を行います。
 昨年は、このポジションの人たちが、広報担当も兼ねました。

宣伝美術:
 昨年のRadish公演では存在しなかったポジション。
 チラシ・ポスターや、立て看板のデザインを、専門に請け負います。
 駒場演劇の観客動員数に、「そのときの公演作品の出来」は、実はあまり関わってきません。
 口コミで評判が広がる頃には、3日間の公演が終わってしまうからです。
 その際に重要となるのが、片や「知名度・それまでの公演の評判」であり、片や『宣伝メディアの出来』である訳です。
 公演が年一回で、どうしても知名度が低くなってしまうRadishには、のどから手が出るほど欲しい人材です。絵心ある人か、デザインできる人、おいでませ。

 こんなところです。もっと詳しく知りたい人は、食事会に是非参加して下さい。
 サイトのBBSやメールアドレス、こちらのコメントでも、質問は適宜受け付けています。
(ギンペイ)



東大生ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。