舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手の内をあかす(1:演劇をやろう)
 せっかくの新歓シーズンということで、ブログの方でもウチの劇団紹介記事を書いてみようと思います。名付けて『手の内をあかす』。何回かの連載記事にするぞ~。

 新入生の皆さん。
 まずは、入学おめでとうございます。
 もうそろそろ、飽きるほど言われたことだと思います。私もブログで書いた気がする。
 まあ良いじゃないですか。おめでたいことは、何度言っても良いものです。

 皆さん、大学でやることは決めていますか?
 大学で何を成すか決めるとき、それは、学生時代にしか出来ないことなのかを、判断基準の1つにする事をお勧めします。
 大学生活っていうのは、自由に使える時間と、自ら行動する力がバランス良く存在する、人生の中でも特殊な時間のようですから。
 存分に学ぶことも、ひたすら遊び倒すことも、大学時代にしかできないでしょうから、大いに結構です。
 でも私が言いたいのは、

 その選択肢の中に、演劇も含めてみませんか?

 ということです。
 東大に入学して、プロの役者や脚本家etcを目指す人は、そう多くないでしょう。でも、ドラマや映画を見て、自分でストーリーを作り上げたい、ストーリーの主役になりたい、と感じる人は、決して少なくないのではないでしょうか。
 プロを目指す人は、我がサークルで経験を積んでみませんか?
 でもなにより、プロを目指さない人は、学生時代にこそ、演劇をやってみませんか?

 演劇作りは、ある程度のお金と、結構な労力がかかります。
 よーするに、

 よっぽどのことがない限り、演劇なんて社会人の趣味には出来ないよ。だったら、大学生のうちに、いっしょにやろうぜ。

 ということです。
(次回は、サークル選びについて。:ギンペイ)

↓じゃあ、いつものようにクリックヨロシク。

東大生ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。