舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感想に感動
 昨日、少し時間を割いて、ネット検索を掛けてみました。
 動機は単純。
 今回の公演について、感想書いてくれてる人、いないかな~。
 です。

 基本的にメンバーのブログ等しか見つけられなかったのですが、一カ所、メンバーの身内でもなんでもないのに、熱い熱い、嬉しい嬉しい記事を書いて下さっている所と見つけました。
 陽に灼けたpuddingの、yamna様です。

 んもぅ、あんまりうれしいから、トラックバック噛ませて頂きます。

 ……こういうのって、記事を全文転載したら、失礼にあたるんでしょうか? あんまりトラバの作法を知らないのですが……。
 とにかく! 一言一言のお褒めの言葉が、こちらが意識していたところを見事についていて、感動せずにはいられなかったんですよ。

 ここは全文引用したいのをぐぐっと堪えて、一カ所だけ引用させて頂きます。全文読みたい人、とくにメンバー! 陽に灼けたpudding様へ、すぐにGOだ!

役者もほんとによかった。シンプルな舞台設定もすきだった。

が、やはり、なんといってもこんも脚本を書いた「飯田真人」と言う方には最大の賛辞を述べたい、と思った。

特にT大生の書く脚本は頭でっかちが邪魔するのか、抽象的な言葉で固めまくって、何かを伝えている気になっているものが多い。
だからこそ、正直、今回もさして期待していなかった。

が、とんでもなかった。

過去に見た演劇は割と多くなった中で、ほんとに、堂々1位に輝くくらいの衝撃を受けてしまった。


 ……私が感動すると言ったワケ、分かりましたか?
 名指しでこんなに誉めてもらっちゃ、身震いもするってものですよ。
「最大の賛辞」ですよ!? 「最大の賛辞」!!
 yamna様、あなたの賛辞は、飯田真人本人が、しかと受け止めさせて頂きました。あまりにありがたく受け止めすぎて、もうノックアウト寸前です。

 今回の作品を書くに当たって私は、『文学性』よりも、徹底的に『娯楽性』と『メッセージ性』に重きを置いたつもりです。このブログにも何度か書いたと思いますが、私も『抽象的な言葉で固めまくって、何かを伝えている気になっている』作品には抵抗を感じるところがありますので。
 自分の考えていることを、理解している範囲で言葉にする、相手に伝える。これが、作品中を貫く私の姿勢です。
 yamna様にご理解頂いて、本当にありがたく思っています。

 yamna様へのお礼は一旦停止して。
 ヒカワ君、ちょっと来なさい。
 yamna様は、「冗長になりがちな『余談』的部分でも、畳みかけるように衝撃に追い打ちを掛けられた」とおっしゃっています。
 ラストシーンに迫力があったのは、君のおかげです。小屋入りしてから、メッセージに圧力がこもっているのに気付いて、演出さんはそら恐ろしくなりました。よく頑張りました。

 と、お礼再開。
 yamna様。
 今回は見に来て頂いただけでもありがたいのに、このようなありがたい感想のお言葉を頂き、もはやありがとうございます以外の言葉がありません。
 どうか今後も、劇団Radishを、気に掛けてやって下さい。
(飯田真人 as ギンペイ)

↓こっちも気に掛けて下さいな。クリックお願いします。

東大生ブログランキング


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
記事には関係ないけど
こんな会社見つけました
http://www.gear-m.co.jp/
2006/10/26 (木) 10:07:51 | URL | 下田 #-[ 編集]
私もこないだ学校で、
このブログを探してるときに(笑)
偶然見ました、その方の!!

本当に本当に嬉しくて、
思わず飯田にメールしようとしちゃった。
きっと飯田泣いて喜ぶだろうな~って。

でも言う前に見つけてくれてよかった。
自分で見つけたほうが感動も一入だよね。
わざわざ時間をかけて文章にしてくれたこと、
そしてそうしようと思ってもらえるような舞台に関われたこと。
私もとっても嬉しいです。

がんばってよかったね、飯田。
2006/10/27 (金) 01:02:19 | URL | たま #-[ 編集]
ただ一言。
よかった。
2006/10/27 (金) 01:51:15 | URL | ギンペイ #X5nc9eug[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/28 (土) 01:26:50 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。