舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合宿編最終回 「しばたかさんの神秘」
 一週間にわたって続いてきた連載、「合宿編」も、今回で最終回となります。いやぁ、長い一泊二日だった。では、いってみましょう、合宿編最終回「しばたかさんの神秘」~!

 通し稽古は終わりました。
 通し稽古のあとに待っているのは、恒例、OBの方々による講評です。
 OBがパイプ椅子に座っている前で、演者達は円陣を組んで正座。どきどきしながら講評を待ちます。

 では、OBの前にワンクッションということで、まずはおかえりによる講評から。

「ええと、まだ練習段階だというのに、●●が●●で、●●なシーンなんかまるっきり●●だったな~。(伏せ字部分は、ネタバレのため自主規制。)クライマックスでは泣きそうになりました。」

 嬉しいこと言ってくれるじゃない。
 でも確かに、通しではこれまでの練習に比べて、みんな質が高い演技ができていました。私は普段の練習では絶対やらないどもり方をしたりしたんですがね。他の人達は、通しの緊張感がいい方に影響したということでしょう。
 おかえりはこれだけではなく、キャスト一人一人について、詳細な感想を述べてくれました。ご紹介できないのが残念です。

 それでは次に、塾長と反中さんの講評を頂きましょう。
 このお二人は、大体内容が似通っていました。いわく、
登場人物の会話から、それぞれの人達の関係性が見えてこない。
 ……、なるほどね。確かに難しいんですよ。相手との関係性を台詞の雰囲気に反映するのって。自分が自分の台詞を覚えるのにとどまらず、そう言ったことも実現しなくては、クオリティの高い芝居とは言えませんもんね。

 さて……。
 みんなの視線が、しばたかさんに集まります。この人はどんなコメントをするのでしょうか。

「え~と、まぁ、途中寝ていたのはすいませんでした。でもさぁ、起こしてよ~。
(起こしました! 団長やおかえりが、何度となく肩を揺さぶりました!)
 それは置いておくとして、感想としては、『良くも悪くも【通し】だったなぁ』と。」

 ……えっ!? 観てるシーンなんてあったんですか!?

「みんなさぁ、まぁこの段階では仕方ないんだけど、話を切らずに自分の台詞を言う、ってだけで終わってるんだよね。これからは台詞を自分の物にしていって、より、登場人物として発言できるように、頑張って下さい。」

 練習会場一杯に、ポカーン、という音が響き渡ってきそうな気がしました。どうやら、通しの間中、しばたかさんが目を開けて観ているのを目撃した人は居なかったようです。

 さすが、前団長。

問.この「さすが」の意味を答えよ(制限時間:20秒)
ア)さすが前団長、観ていないように見えても、しっかりと気配りはしているんだなぁ。
イ)さすが前団長、通しの最中全部寝ているなんていうポカをやらかしても、観ていたようなことが言えるんだなぁ。

 正解は、……我々の心の中に……。

 このあと、練習会場を駒場に移し、昼過ぎから夕方までの練習が行われました。いやぁ、OBというのはありがたいものです。私たちでは気付けない改善点を、多数指摘してもらうことができました。

 そんなこんなで、一泊二日の合宿は終了しました。それから一週間が経ち、まだ我々の進歩は続いています。
 今日11月6日は、駒場で通し稽古のビデオ上映会が行われます。
 キャストの皆さんには、せいぜい悶え苦しんで頂きましょう。
 それでは皆さん、おやすみなさい。
(合宿編・完:ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。