舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部屋取りの話
 あるところに とべないとりがいました。
 でも、とべるとりには まけませんでした。
 とりは あさになると、ほかの どんなとりよりもはやく えさばにいって、じぶんの なわばりを かくほ するのでした。
(なかむら かずひこ さく・え『とべないとり へやとり』民明書房より抜粋)


 私たち劇団Radishは、今年は東京大学駒場キャンパスを主な活動場所としています。主な動機は、利用料金がタダだから。去年は本郷の男女平等センターで毎回の練習を行っていたのですが、あそこの利用料金はちょっと辛かったんですよ。そんなわけで、今年はここぞという時以外、大学の無料施設で用を済ますことにしました。
 で、その施設なのですが、各々の施設(練習に使う部屋ですね)は、利用したい日の2週間くらい前から予約を入れられるようになります。この時期になると芸術発表系の団体が、駒場祭(11月25~27日)に向けて練習会場を取り合う羽目になるため、各団体の代表者が、ある者は始発で学校に到着し、さらなる猛者は寝袋に泊まり込みで、お目当ての施設に張り込むのです。
 その日(先週の土曜日)、私は2時半まで野暮用をこなしたあと、4時に起きだして、始発に乗り込みました。学校のキャンパスプラザ(練習用の部屋を貸して下さる施設)に着いたのが6時。文句なしのトップ到着です。予約が始まるまで、あと3時間あります。今回おさえたい部屋は、「第三会議室」、次点が「第四会議室」というところ。「第一」「第二」会議室も存在するのですが、如何せん狭すぎてよろしくありません。
 素人役者も身体が資本なので、休息をとることにしました。サークルのロッカーに置いてあった中村さん寝袋をひっぱだして、入口前に横になります。
 1時間経ちました。
 競争相手になるような他団体の人は、誰も来ません。
 2時間経ちました。
 応援団のブラスバンドの人が来ました。おとなしそうな人だったので、平和的に、こちらが第三会議室、あちらが第四会議室を予約すると言うことで話を付けます。
 8時半になりました。
 新しい競争相手は、誰も来ません。
 9時になりました。
 競争相手らしいのは、応援団の人一人だけでした。

 どうも味気ないのですが、仕事は果たそうと言うことで、予約の手続きに入ります。

 う゛っ!?

 申込用紙の「第三会議室」「第四会議室」の欄にあったのは、「特別使用のため、予約不可」というメッセージ。
 特別使用……通常より早く済ませられる、特別な申請が必要な予約……。
 完全に合法ではあるものの(うちの劇団も使いましたし)、朝4時起きでやってきた人には「ずるい」という感想しかありません。仕方なく、数段狭い第二会議室を予約してきました。

 こうして週末の部屋鳥は羽ばたくことができず、こう鳴いたと言います。
「俺の睡眠時間を返せ~~!!」(ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログ読ませてもらいました^^足跡残しときます^^
2005/10/28(金) 04:33:07 | ☆玲奈ちんのお馬鹿日記w☆
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。