舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ弟よ君を泣く
『saku saku』という番組をご存じの方はいるでしょうか?
 TVKのローカル番組で、指人形「ヴィンセント」とMCの女性がぬる~いトークを繰り広げたり、売り出し中の歌手をゲストに迎えたりする、音楽番組です。

 その「ヴィンセント」の中の人は、いろいろな「地方都市の歌」を作っては歌っています。奈良県奈良市の歌、とか、埼玉県熊谷市の歌、とか。
 今週はなんと、一週間をかけて「横浜市18区の歌」全18曲が、順次公開されているのです。ついに地元の歌が歌われる、と、ギンペイ大喜びです。

「私の地元である○○区の歌以外も、とりあえず全部録画しておく。」と言ったギンペイに、弟テッペイ(高校2年生)が言いました。
「今日(水曜深夜。午前0時~)の分、録画しておくよ。」と。

 よし、任せた。私はゼミの課題があるので、放送時間中は寝ることにしましょう。

 結果から言えば、弟を信じたのが間違いだったのです。

 仮眠から起き出して(午前3時)、「saku sakuを観てから課題をやるべぇか」と思った私は、デッキを確認しました。
 録画されていませんでした。

「何!?」
 急いで予約情報を参照します。

予約状況
 5月18日 TVK 0:05pm~0:35pm


 そうでした……。
 うちの弟は、amとpmの区別もつかない大馬鹿者でした……。

 地元○○区の歌は、今日以降の放送分であることを祈りましょう。
(それでは、おやすみなさい:ギンペイ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。