舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他劇団の話をしよう
 ギンペイによる私物化が物議をかもして久しいこのブログ、今日は、我々劇団Radishとは、何の縁もゆかりもない、しかも架空の劇団についてお話ししたいと思います。

 いや、私の好きな、藤木俊という漫画家さんの読み切り作品『劇団SAKURA』が公開された、ってお話なんですけどね。
 藤木俊さん、少年サンデーに連載を持っていた作家さんで、サンデーというと、大学では周りに全く読者が居ないのですが……。絵柄の丸っこい、のんびりした気分で読める少年漫画を描いてらっしゃいます。

 このお話、女の子が一人きり廃部寸前の高校演劇部に、新入生のシャイボーイが拉致されて、無理矢理入部させられる、というスジ。自分が演劇をやっているのもあって、最近はこういう作品に、自然と熱い視線を注いでしまうんですよ。
 そうか、演劇部に女の子(キャスト)と二人きり(でキャスト)か……。きっと照明操作も音響操作も居ないんだろうな。頑張れ主人公。

 この作品、いろんなところでニヤニヤと笑わせてくれるんですが、やっぱりイチ押しなのがクライマックスの台詞。ここにその全文を……と思ったのですが、手元に作品がなく、うろ覚えで書くのも失礼ですので、明日、雑誌を買って来られたら書く、ということにしましょうか。

 とにかく、良い台詞だったんです!
「そうそう、そうだよな! 演劇って、楽しいよな!!」 と、主人公の肩を全力で叩きたくなりました。

追記:
 買ってきましたよ。もう、この作品のためだけに。
 台詞が頭から吹っ飛んだ主人公が、アドリブの台詞として、部長へ向けた言葉。
「あなたのおかげで知らない世界を知ったーー
 あなたのおかげで私は変わったーー
 ……もっと早く伝えておけばよかったーー
 あなたと出会えて本当に良かった。
 ありがとう……本当に……
 楽しかった!


 そう、演劇って、楽しいんです。
 皆さんも、一度やってみませんか?
(ギンペイ)

 オマケ:劇団SAKURAが掲載されている雑誌のサイト
 トラバさせていただきました、藤木先生のブログ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いえいえ、
おもしろいから全然オッケーですよ~。
(さらっとプレッシャーをかけてみる♪)

いっそ、
「団員“ギンペイ”による劇団ブログ」
って明記しようかと思ってたりします。
(もっとプレッシャーをかけてみる♪♪)

HP管理人でした。

あ、私だけ「なむ。」は軽く凹みます。。。
“普通に入力したらしょーもなかった”
って暗に言ってるようなものじゃん!
2006/04/27 (木) 01:38:32 | URL | なむ(制作) #NYOp8AMs[ 編集]
「ギンペイによる」、受けて立ちますよ(笑
 どうせ更新してるの、私だけですし~。

 前回の記事に関しては、全員分、コメントの付けやすい表現をイロイロと探したんですよ、それこそあの手この手で。
 もっと素直な表示でもよかったんですが、いかんせん「なむ。」の結果が面白すぎた。
 諦めて下さい。(ギンペイ)
2006/04/27 (木) 03:45:37 | URL | ギンペイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。