舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
起承転結のなんたるか日
『起承転結』、皆さん知ってますね?
『面白い物語構成』の基礎としてよく使われる言葉です。
 ルーツを辿れば、唐代の漢詩の一スタイル。5文字×4行(五言絶句)または、7文字×4行(七言絶句)の漢詩で、それぞれの行が与えられた役割が『起・承・転・結』でした。(だったよね?)

 何に役立つかと言えば、『話』に変化を付け、深みや広がりや奥行きを演出することでしょう。
「面白いお話」は、大抵、起承転結に分けて考えることができます。
「始めて、続けて、終わる」ではなくて、「始めて、続けて、変化を加えて、畳む」というスタイルを取ることは、作者の技巧やネタの鮮度を表現することにつながりますから。
 漢詩が身近でない現在、起承転結を最も気軽に味わいたければ、コンビニに行って四コマ漫画雑誌を読みましょう。私でさえ覚えきれないくらい、たくさんの雑誌が発行されています。
(まんがタイム・まんがタイムジャンボ・まんがタイムきゃらっと・まんがタイムきらら・まんがライフ・まんがライフMOMO・まんがオリジナル・まんがタウン、あたりが、ぱっと思いつく雑誌名でしょうか。連載作品は、どれがどの雑誌やら……。山東ゆか、むんこ、小坂俊史あたりの作品は、どれも面白い。)

 もちろん、四コマまんが以外の物語の多くも、起承転結によって語ることができます。
 週刊連載マンガなら、『一話あたりの起承転結』『エピソードあたりの起承転結』『作品全体の起承転結』のそれぞれが成り立っていると、最高に「まとまった」作品と言えるでしょう。
(面白いかは、また別問題。)
 綺麗な四部構成になるとは限りませんが、ある程度の長さがあってちゃんと『展開』している話なら、四部構成以上には大抵分けられるものです。

エピソード単位の構成(良い例:あしたのためにタイプ)
(起)ボクサーAとボクサーBは宿命のライバル、ついに試合開始だ!
(承)なんと、A,Bどちらもノーガード戦法! 勝負は我慢比べに!
(転)しびれを切らせたAの拳がうなる。しかしBのクロスカウンターの前に、Aはマットに沈むのだった。
(結)Bが勝った。健闘をたたえ合うAとB。しかしBが倒れた。Bが……死んだ……。


 分かれればいいってものでもないよね。

エピソード単位の構成(好きでない例:死神または龍玉集めタイプ)
(起)主人公Aと悪玉Bの宿命の戦いが、今始まる!
(承)追い詰められるA! Bの剣が振り上げられる! A、危ない!
(転)B「なに! なぜ貴様生きている!!」 A「これが……俺の本当の力だ!」 B「なん……だと……!?」
(転)B「ついに私も本気を出すときが来たようだな。」 A「なん……だと……!?」
(転)A「これが本気だって言うんじゃないだろうな? まだ俺は実力の半分も出してないぜ」 B「なん……だと……!?」
(転)B「この技だけは使いたくなかったが、仕方あるまい。」 A「なん……だと……!?」

以下エンドレス


 あの後出し合戦には納得いかねぇ!

 と、長々と書いて何を言いたかったのかというと、前回の記事はコメントを以て完成したという事実を絶賛したかったのです。

 いつもの筆者自爆ネタ記事に対して、一つのコメントがつきました。

ギ「女の子、一緒に花火に来ないか!?」
り「誰か来るといいですね。私はバイトですけど。」

 ここまでならば、彼女のコメントは、筆者に差し伸べられた救いの手なのか、それとも傷口に塩を塗り込む攻撃なのか、結論は出なかったことでしょう。
 しかし、そこに『ツッコミ』という一手が加わることで、ネタは完成を見ました。

(起・承) ギ「~~~というわけで、女の子、一緒に花火に来ないか!?」
(転)    り「誰か来るといいですね。私はバイトですけど。」
(結)    下「ひでぇ……。」

 結語によって話が畳まれた、素晴らしい例だと思います。
(とりあえずこういう記事を『まとまりのない構成』と呼びますね。:ギンペイ)
スポンサーサイト
ふぁいやーわーくすに憧れる日
 昨日、高校時代の友人からメールが来ました。
 知っている人は知っている、『ハンズ店員をしている友人』です。

ハンズ『8月2日の花火は、行く?』

ギンペイ『行きたい。でも、そんな話聞いてないぞ。』

ハ『今俺が言い出したんだから、当たり前だ。』

 ……。

ギ『……さよか。で、どこの花火?』

ハ『横須賀。』

ギ『誰が来んの?』

ハ『分からん。でも友人Aは大学のサークルで行くってさ。Bは来るんじゃない?』

ギ『ふーん。』

ハ『なんなら女の子連れてきてくれてもいいのよ。多いほどいいのよ。』

 というわけで、今回は女性限定8/2の横須賀花火大会、私についてくるという勇者はメール下さい。もれなく私の交友関係を垣間見られる、嬉しくないオマケ付き。
 話題のハンズ店員、私より少し多めに歪んでいますが、その分面白い奴ですよ?

ミツイ「この流れで女の子を勧誘!?」

 まあこれは半分冗談ですから、本題に入りましょう。

ミ「半分は本気なのか!?」

 今回は花火の話ですが。

ミ「おい。無視すんな。」

 Radishでも、花火いこーぜ!
 いや、こっちは女性限定とか関係なく。仲良くしよう。
 そもそも私が現役Radisherではないというツッコミは不許可です。
 今週末の隅田川、とかとか。
(ギンペイ)
波の話
 脚本会議が始まりました。
 昨日の会議で3作品にまで絞り込みが行われ、来週末に決定する模様です。

 今年は、新人が多い。
 去年も多かったのですが、なにせ絶対数が多いです。
 センス無しの素人なりに、4年間の経験を積んだ者として、積極的にアドバイスをしていきたいと思います。
 ウザがられて、追い出されないくらいには。

 演技をするにあたり、私がさんざん言われてきたフレーズがあります。
 一本調子。

一本調子(いっぽん・ぢょうし):
①歌う声に抑揚のないこと、単調。
②単純で変化に乏しいこと。
(広辞苑)


 それはもう、最後まで言われ続けましたよ。

 なんて事を考えていたら、思い出した話があります。

 あれは中学生の頃。
 まだ入学してあまり経たない、美術の時間でした。
 美術の先生は黒髪にメッシュ気味の白髪が混ざったナイスミドルで、生徒が手を動かしている間、いろいろな話をしてくれたものです。

「私は、皆さんの『芸術的センス』に点数をつけることはできません。それは、『芸術的センス』が、見る人、見る時代、見る場所によって、まるで評価の変わってしまうものだからです。」
「ですから私が教え、点数を付けるのは、『表現の技術』です。デッサンの課題なら、どれだけ実際に近いデッサンをできるか、塗り絵の課題(長方形を鉛筆で塗りつぶす課題)なら、どれだけムラのない塗り方ができるか。そういったところを見ます。センスは、別のところで磨いて下さい。」

 小学校までは「自由に描きなさい」とばかり先生に言われ、どうすれば自分の描きたいものが表現できるのか、教えてもらえませんでした。(ついでに言えば『描きたい対象』の洗練の仕方も。)それなのに美術的センスで点数が付けられて、どうも納得のいかないところがありました。
 実は、話題の中学の先生も、あまりテクニック的なところは教えてくれなかったのですけど、『点数の基準は客観的に測り得るもの』というのには納得した覚えがあります。

 そんな先生が話してくれた、『波の話』があります。
 特にメンバーには、ためになるかと思いますので、ちょっと読んでみて下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 私が美大で、期末考査を受けたときに、粘土の課題が出ました。
 テーマは『波』。
 粘土で、波を表現しろというんですね。
 私は、荒れ狂う波を作りました。これでもか、これでもか、というくらいに荒れた海原です。
 これだけ波を表現できれば、評価はさぞ高いだろうと思ってましたよ。
 ところが、評価は並でした。
 駄洒落じゃないですよ。ほらそこ、笑わない。

 残念でした。
 で、めいめいの課題作品は展示されていたので、最優秀となった作品を見てみました。
 いや、驚きましたし、納得しました。
 それ、どんな作品だったと思いますか?

 そこで表現されていた波は、私が作ったものより、ずっとおとなしいものでした。
 なにが凄かったかというと、その作品、「波の起きてない部分」があったんです。
 明鏡止水というか、穏やかな水面と、微かに立ったさざ波が、一つの作品で表現されてたんです。
 彼とは、物の見方が違うんだと思いましたね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 どうでしょう?

 人によって、思うところがあったり無かったりすると思いますが、表現を考えるとき、思い出してみてください。
(ギンペイ)
やばい・・・
ついにニコニコ動画までアップされてしまった。どんどん、さぶかるに侵食されていく・・・。まともな記事を書いて対抗するよりも、真剣にNewBlogを作ることを考えたほうがいいのかもしれません。
演劇以外の表情が見られるという点では、それはそれでいいことなのかもしれないですけどね。堅い記事ばかりでもつまらないですし。

しかし、新入団員の皆さんに“舞台裏のダイコンたち”で検索してブログ見てくださいね!と言った手前、まともな記事を書かなくては!と思いついた苦肉の策が某所で書いたものの焼き直し。

半年くらい前から、脚色という形でほんとに一部ながらですが、僕は初めて自分の言葉で脚本を書きました。

やってみてわかったことは、人の気持ちを理解する難しさでした。

三ヶ月ほど前に一応完成し、これで最終稿だ!宣言をしたのですが、いまだに時々読み返しては修正を加えたりしています。

不安なんですよね。自分にとってとても大切な作品だから、それに恥じないものをという気持ちもありますが、一番心配なのは登場人物たちのことです。僕は彼らの気持ちをちゃんと汲み取っているのだろうか?彼らにとって、果たしてこれは満足できる結末なのだろうか?そんなことを考えると、まだまだ何かが足りないような気持ちになってしまうのです。脚本を書く人っていうのは、最初は誰でもそんな気持ちなのでしょうか。

そういう足りない部分を補って100%に持っていってくれるのが、キャストとスタッフだと思います。演劇をやっていると、改めて人の力の強さを感じます。文章だけでは伝わらない事を、舞台では伝える事ができるのです。

現在Radishでは本公演の脚本選びの真っ最中です。今年どんな脚本が選ばれて、ほとんどがキャスト初体験のメンバーが登場人物にどんな表情をつけていくのか、スタッフがどのように脚本を魅力的に見せていくのか、今からとても楽しみです。

そのうち、恒例のリレーブログをやりましょう!


農家リスペクト
 何も言わずに、こいつを見てください。
 ニコニコIDなくても見られるんですかね?

 時間があるなら、こいつも見てください。



 じゃあ最後に、これを見ましょう。

 ……。
 20年前の秋田大すげえ!!

 金曜の資格試験の最中に、この曲が頭の中を回り続けたときは、本気で危機感がありました。
 よく通ったな俺……。
(ギンペイ)
見よ負け犬は帰る
 今日は、今年の第一回脚本会議でした。
 いきなり振り返って、先週の話。

若杉「じゃあギンペイさん、今年も脚本期待してますよ。」

ギンペイ「来週の金曜(今日)が資格試験なんだよね。」

若「まあ、来週じゃあキャスト数が決まって一週間ですし、プロットでもいいですから。」

ギ「え~? まあ書きたいのは書きたいんだよね。……期待しないで待っててくれ。」

下田(団長)「いや、やめてください。そんな状態で書かれたらこっちが心配になります。」

 そして、今日の話。
 資格試験には見事合格!(受験直後に結果が分かるんですよ。)
 よし、解放された!
 そんなわけで、仕事を終えて、脚本会議(推薦脚本プレゼン大会)に途中乱入しました。

下田「じゃあ、脚本の推薦はこれで全員だね……」

ギ「はいはい! 俺も書きたい!」

下「却下。」

ギ「は?」

下「日程がギリギリですから。これから書くのなんて認められません。」

ギ「……いや、手持ちの作品のリライトだし、一週間待ってもらって、それで書き上がってなかったら却下でいいから……」

下「却下。」

ギ「なぬ?」

下「そもそも今年は、OBの作品があっても断るつもりでしたし。」

ギ「な、なんだってー!? だって、先週は若杉君があんなこと(プロットでもいい)を……否定してなかったよね……?」

下「お気の毒です。」

 ……確かに、去年の私は、OBの理不尽に振り回された。
 OBを関わらせるなんてまっぴらだという気持ちは分からんでもない。
 しかし私自身は、OBになる前も、なってからもこういう扱いか……。
 頭の中では「るるる~るる~る~る~♪」と、『君をのせて』が流れていました。

 まあいいや。
 リライトしよう。
 あの作品自体は、ちゃんと手を加えてやりたかった奴だし。

 それに、もしも面白い作品ができあがれば、下田君の方針だって
下「変わりませんよ?」
(ギンペイ)
たまには演劇関係の記事を
ここのところ、さぶかるっぽいネタが続いております。これはあまりよろしくないですね。僕も、半分犯人なわけですが(笑)

第九回本公演もキックオフしたことですし、ここらでこのブログの存在を今一度団員に知らしめたいものです。

だからと言う訳ではありませんが、今日はとある劇団の稽古に参加してきたのでその話でもしようかと。公演期間以外で、あまり演劇関連の話題がこのブログで書かれることはないので。たまにはそういうのも良いでしょう。何より、久しぶりにエチュードとかをやってテンションがあがってます。
現在また別の劇団の公演に向けて稽古に参加していますが、こちらはチョイ役なので稽古に行っても出番がなく終わってしまう事が多く、いまいち煮え切らない事が多かったんですよね。

え?
お前いったいいくつ劇団に参加してるのかって?
ええと・・・今は・・・Radish入れて・・・4つ・・・かな・・・。
今まで、自分がRadish以外で芝居をしていることについて、そこまで積極的に話すことはありませんでした。(なかったつもりです)

だって、一応

団長

だし・・・・。
他劇団の話とかするとRadishはどうなの?っていう不安も与えてしまうかもしれないので。
でも、色々なことにとらわれずに演劇ができるのは、学生のうちだけなので、今年は精一杯演劇を楽しもうと決めたのです。

それに色々な人に出会って、刺激を受ける楽しみも知ってしまったんですよね。最近、他劇団関係で知り合ったある人がこんなことを言っていました。”自分は閉じていたくないから、色んな所で演劇をやってみたいから、今回もこの劇団に入りました”と。今の僕も、彼とまったく同じ気持ちなのです。

稽古の話でしたね。
今日は劇団の旗揚げと言っても過言ではない日だったので、お互いに初めて会う人ばかりでした。なので、脚本などあるはずもないので、発声練習や柔軟、エチュードを中心に練習しました。他にも二人ほど僕と同じ立場の人がいたことに、勇気付けられました。(二人ともご自分の劇団をもっている主宰さんでした)

経験豊富な方がいたので、発生や柔軟に関して色々と教えてもらいました。せっかくなのでそういうところで得た知識をRadishにも伝えていけたらと思っています。これも色んな所に顔を出さないと、学べないことですからね。

何よりエチュードが楽しかったです!
つり橋やいす取りなどのお題でエチュードをやりました。この辺は知っている人は知っているようです。つり橋のエチュードは、我ながらなかなかいい出来だったと思います。相手の人が上手だったのもあるのですが、良かったですね。やり方によっては、ラストをもう少し面白くできたと軽く後悔したのですが、その場の思い付きで劇を組み立てていく事がエチュードの醍醐味でもあるので、あそこでああすればよかったなんていうのは野暮な感じもします。

やっぱり自分はキャストやってるときが一番楽しいなって、改めて思いました。今まで実験や就活などで出演し損ねた分、挽回したいと思っています。

それではまた。


ある意味さぶかる・・・?
ギンペイさんではありません、下田です。

ついに・・・

買ってしまいました。


MGS4 と PS3 を !!


え?何それって?
メタルギアソリッド4ですよ!PS3はわかりますよね。プレステ3です。

メタルギアってのは、基本は潜入アクションゲームです。
敵に見つからずに、任務を遂行するというゲームで、とても緊張感があるんですよ。歴史は長く、ファミコンより前の機種、僕が生まれる前くらいから続いているシリーズです。

中学生ぐらいのときにPSでMGS1が出て以来、弟と兄弟そろってハマっていて新作はほぼすべてプレイしています。

やっぱりね、PS3は

画像がきれいですよ

我が家にはハイビジョンテレビなどという高価なものは存在しないので、古いテレビでプレイしているわけですが、なんかもったいないですね。せっかくのブルーレイディスクをフルに活用できていない気がします。

これを機にテレビを買い換えてくれないだろうか・・・。(ゲームのために?)
ざわ……
 ゲームセンターで、カードタイプのゲームにはまっています。
 1プレイ終わるたびにカードが払い出されて、だんだんコレクションが充実していくという、中毒性の高い危険な遊びです。
 なまじ金を持つようになったせいで、大散財しています。

 カード集めがそこそこ進んでくると、特有の問題が現れます。

 ダブりです。
 同じカードが複数枚手に入ってしまう。

 このゲーム、同一カードを複数使うことはできませんから、ダブりには何の意味もありません
 見よ。この間抜けな勇姿。

sannanko
 気分はさながら三暗刻。
(ダブりは他にもあります。)

 さて、話変わって仕事の話。
 先輩に連れられて会議に行くと、山ほど名刺をもらいます。そりゃもうザクザクと。

 ある定例会議の参加2回目、見覚えのある人がいたので、頭を下げました。
 ところがその人、名刺入れをもってこっちにくるじゃないですか。
 うわ。間違えた。初対面か。
 そういうわけで名刺交換。

 すると、名刺を受け取った相手が「あれ?」と声を挙げました。
「大沢さん?」
 いかにも。
「前回お会いしましたよね?」
 やっぱり? 高橋さん(仮名)の名刺も、見覚えありますよ私。
「この前はメガネしてたじゃないですか。外してるから分からなかったんですよ。」
 私は着脱自由の眼鏡っ子ですから。

 ともあれ、会議は切り抜けました。

 次の日、少しでも人の名前を覚えようと、名刺をザクザクめくっていた時に気づきました。

 高橋さん(仮名)の名刺、ダブりだ……。
(ギンペイ)
キャスト募集締め切り
今年度の本公演メンバー募集はキャストに関しては締め切ります。
連絡を下さった方、ありがとうございました。

スタッフに関しては引き続き募集していますので、興味のある方はコメント欄かもしくは下記の連絡先までご連絡ください。
geki-radish@mail.goo.ne.jp

よろしくお願いいたします。
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。