舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暫定復活!!
 どうも。おひさしぶりですギンペイです。
 短いような長いような、なんとも中途半端な休止期間を過ごしてきましたが、このあたりで復活したいと思います。
 最近は週休二日ぐらいで前向きな精神状態になっていますから、きっと大丈夫ですよ。
 これからも、なにもなかったかのように更新を続けられるといいなと思っています。

 そういうわけですので、ここでお断りしたような状況になるまでは、書き続けていきます。
 どうぞ、またよろしくお願いします。
 さて、始める前に言い訳を。

1.やっぱり、更新頻度は上がらないかもしれません。睡眠は大事ですから。
2.ネタが『さぶかる』に偏る気がしています。ものすごく。
  職場のネタは、何が秘密で何が秘密じゃないのか、判断が難しいんですもん。
  あんまり偏って『出て行け』と言われたら、仕方ないので出て行きます。

 で、さっそくソレ系のネタですよ。

 前からプレイしたかった『エースコンバット・ゼロ~ザ・ベルカン・ウォー~』を買いました。今朝。
 エースコンバットといえば『5』にはまっていた記事が記憶に新しいですね。
 要約するとエースコンバットとは

エースコンバット:
 ナムコが誇る、人気フライトシミュレータシリーズ。
 プレイヤーは戦闘機のエースパイロットとして大活躍する。
 ミリタリーの三大燃え要素(出撃・火気・通信機)を満たしており、ギンペイ評価はとても高い。
 一般的にもとても人気。

 思い出せましたか?

 今作のコンセプトはズバリ『敵エースとの戦い』。
 高性能の敵戦闘機が、賢いAI(敵パイロット)を積んで襲いかかってきます。
 ビュンビュン空をかっ飛ばす感じが、非常に爽快です。
 左手の親指にスティックだこができるかと思いました。

 そして夜には、前から見たかった『マクロスフロンティア』の一・二話を視聴しました。

マクロスシリーズ:
 超有名ロボットシリーズ。主人公たちは、「戦闘機」「ロボット」「手足の生えた戦闘機」という三形態を持つロボットを駆り、敵性宇宙人と戦っていく。
「なぜか登場するアイドル歌手キャラクター」と、「主人公を挟んだ三角関係」が名物。
 ガンダムって言うな。デカルチャー。

 でかるちゃー……。

 うん。なんかね。
 私を燃え死にさせる気かと思いました。
 下手すると興奮して鼻血でも出しそうなくらい面白かった。

 三大燃え要素は、この上ないくらい押さえてる。
 しかも出撃に合わせて、歌手キャラクタが歌う。
 全然知らない曲なのに、一気に視聴者(私)は盛り上がる。
 やっぱり、歌の力って偉大だなと思いました。ヤックデカルチャー。
(ものすごい勢いで読者を置いてけぼりにして、復帰戦を終わる。:ギンペイ)

 おまけ。
『エースコンバット・ゼロ』での僚機(味方キャラ)の、初登場での台詞。

1番機「PJです。よろしく。」
2番機「2番機より1番機。彼女にはいつ花束を買ってくんだ?」
3番機「3番機より1番機。放っておくと、彼女が他の男に撃墜されちまうぞ。」
1番機「もう、任務中ですよ! やめてくださいよ!」

 ……ああ。味方にミサイルは撃ち込めないのか。
 無駄弾使っちまったぜ。
(おわり)
スポンサーサイト
気のせい?
駅の自動券売機のディスプレイを左手でタッチしても無反応なのに


右手に変えた瞬間反応するのは



駅って左利きに優しくないよね。
自分を見る
こんばんは。
最近ほんとにのんびりと毎日を過ごしています。まぁ、そんな時期じゃないことは百も承知なのですが、やる気が出ないときは仕方がないよね☆(そのちゃん手法)

先日数年来待ち望んでいたとある映像を入手いたしました。なにかといいますと、

幻の練習公演2005の通し映像!

僕がRadishに入って初めての舞台の映像です。
 本番はビデオがなく、撮影できなかったため、残念に思っていました。しかし、さらに演技に磨きをかけるため、練習風景を撮影した事があったのです。その時の映像を先日ギンペイ大先生からいただきました。

 いやぁ~、懐かしいですね。一年の時の自分。本当に太古の昔のような感じがします。この芝居は自分の中でも結構好きで、わりと満足しています。共演した先輩方も上手い人ばかりで、未経験に近かった僕は初練習のときにはカルチャーショックを感じました。一年浪人して、久しぶりに演技ができたから、本当に楽しかったっていうのも大きかったんだと思いますが。
 ちなみに当時からRadisherは時間におおらかな団体でした。僕は、一年生だから練習に遅れて先輩を待たせては失礼だと思い、毎回きちんと5分前には練習場所に到着していたのですが、それが劇団内で噂になっていたくらいです。

先輩A  「あの子必ず五分前には来てるよね」
先輩B  「早くない?」
先輩C  「えらーい」

みたいな感じでした。

なぜ?

 後輩諸君、ちゃんと僕を見習うようにね。社会に出たら、遅刻なんて許されないよ(笑)。

ビデオの話に戻ります。
 結局、最後まで見ることはできませんでした、やっぱり恥ずかしくて。僕は自分が出た芝居は、高校時代のものからほぼすべて映像として持っています(昨年の練習公演だけ残っていないのが心残りです、あとAMMPはいつになるのでしょう・・・・・・)。でもまだ、自分が出た芝居をまともに全部見れた事はないです。本当は、ちゃんと自分の姿を客観的に見て、自分の悪い癖をしっかり認識して直していかなければならないのですが・・・。

 ふと考えるときがあります。いつになったら、自分をちゃんと見られるようになるのだろうかと。
今は、まだ演劇やってるから、見られないのかもしれません。たとえ悪いところがあったとしても、自分でちゃんとわかってるし、なにより“次”があるから。次の公演では、その部分を直せばいいやなんて思ってしまうんでしょう。

 演劇は一期一会だから、ほんとの意味での“次”なんて、ないんですけどね。中にどっぷりつかっていると、そういう大切なことにはなかなか気づかないものなのです。

 だから、自分の姿をしっかりと見つめられる時が来るとしたら、それはきっと演劇から離れてしまったときなんだろうなって思います。そんなことを考えるとすこし寂しいですけど、僕にとっては他人事ではなくなりつつあります。

 せっかく懐かしい映像がまた一つ増えたことだし、今年の本公演までには、頑張って全部見直してみようかな。

そりゃもうビリヤードみたいに
ああ。

街角で、どちらかにぶつかってみたい。

①食パンを加えた美少女、ないし美女。当然その後はとんとんと。

②なぜか匕首(時節柄、プッシュダガーでも可)を構えて突っ込んできた美女。当然その後はあっさりと。
(ギンペイ)
お疲れ様でした
くいだおれ人形
練習公演小屋入り☆
おはようございます。
ギンペイさんでも下田先輩でもないのですが、久しぶりに記事を書かせていただきます。
劇団ブログに書き込むのは去年の本公演のリレーブログ以来の園田です。

今年はホームページで告知などをしていなかったのですが、今週末の日曜に公演予定の練習公演、今日から小屋入りです。
学校に着くまでにあまり時間がないので(←電車の中で書いてます)大雑把なお知らせになりますが、今年の練習公演は

劇団Radish練習公演2008
『波の手紙』
6/15(日)
16:30 開場 17:00 開演
@東京大学駒場キャンパス内、キャンパスプラザA棟2階第三会議室

です!

それにしても新歓公演、練習公演と、どうして小屋入り初日というと雨が降るのでしょうか…
新歓公演仕込みのときに買った雨合羽が今日も大活躍することになりそうです。
あめにもまけずがんばりますので、この記事を読んでいるみなさま、ぜひぜひ観に来てくださいね☆
ではでは、会場でお待ちしています!

(その)
なぜ・・・
ギンペイさんからしばしの間ブログを預かりました、下田です。
いちいち名乗るのは面倒なので、カテゴリが現役団員の話だったら僕が書いてるんだなと思ってください。

先日何気なく家に帰りいつものようにパソコンの電源を入れました。

 話は少しそれますが、理系の学生は四年生になると研究室に所属し、教授の下で卒業研究に取り組むことになります。僕もこの四月から研究室に所属し、卒業研究を開始しています。
 ただ、その研究内容というのがコンピューターを使った量子化学計算であるため、研究室では常にパソコンの画面を見ています。研究室の眼鏡率は90%を超えています(というかほぼ全員)。
 その上、帰宅後パソコンの電源を入れるという作業を無意識のうちに行っているため、目にかかる負担は増すばかり(ならやめろよ・・・・)。しばらく前まで、まぶたが断続的に痙攣するほどでした。これ以上眼鏡のレンズを厚くしないためにも、目に優しい生活を心がけたいものです。

話を戻しましょう、電源を入れてインターネットを開こうとすると・・・あれ・・・

ネットに接続できない!!!

どのブックマークをクリックしても、表示されるのは“接続できません”のみ。
 ちょっと待て。ネットが使えないなんて大学生にとっては死活問題だろ。これじゃあ、募集の確認や就職活動に影響が出てしまうじゃないか!You○ubeも見れないし、いったいどうしてくれるんだ。
 色々な解決策を試しました。パソコンの状態を前日の設定に戻したりとか、ver6だったInternetExplorerをver7にアップデートしたりと。でもことごとくダメでした。
 このパソコンも入学当時から使ってるから、そろそろ寿命なのかな、それともウィルスに感染したんだろうか。原因は不明です。
仕方なく僕は

Mozilla FireFoxを使ってネットサーフィン

をするのでした。

あっ・・・FireFoxのタブ機能って便利だな。逆に良かったかも?
(Explorerもver7はタブ機能ついてるだろ)

更新休止宣言
 本当なら、一ヶ月単位で置いておきたいような告知は、HPでやるのが筋だと思っているのだけれど。
 HPの様子を鑑みるに、仕方ないか。

 今日は少し、悲しい思いをしました。
 Radishの、イマの役者とムカシの役者の食い違いというか。

 今日は少し早めに、職場から解放されました。さてどうしようか。
 家に帰ったら、まぁやることはいくらでもある。同僚のあいつにメールしないといけないし、あれとあれを片付けて。英語の勉強時間が取れたら理想的だな。……それは無理か。

 でも、手帳を見たら、Rの文字が。
 ふむ、Radishの練習日か。ということで、渋谷でしばし時間をつぶし、ウォームアップが終わった頃を狙って駒場へ赴きました。

 ……結論から(?)言おうか。

 あれでいいのか!?

 分かる人には分かるだろうし、分からない人にはわからないだろうということで。
 ただ、あの様子を見ていると、演技することに対する欲求とか、見てくれるお客さんに対する義務感とか、いわゆる演劇に対する『情熱』みたいなものを感じ取ることができなかった。
 あー、毎度毎度、公演前には焦りでボロボロになっていた自分は、ずれていたんだなー、とか。

 と、ここで告知。
 自己嫌悪とネガティブシンキングをこじらせて、正直ひどいことになってます。
 この記事を見て分かる人は分かるのかもしれない。
 よってしばし、ギンペイによるこちらの更新は休止させて頂きます。
 少しは精神状態がましになったかなー、と思ったら再開。
 それまでは任せた。下田君。

 無期休止かもしれないし、もしかしたら今週中に「休止宣言はなかったことに」とかなるかもしれません。
 ああ、あと、気が向いたときにはコメント欄で生存報告もしようかと考えています。
 では。
 みなさま。
 しばし。
 さようなら。お世話になりました。
(ギンペイ)
ベニヤって?
下田です。
これからも、僕からのメールの返信は事務的であり続けることでしょう。だって、不要なことを書く必要は無いのですから。でも、決して怒っているわけではありませんよ。だって、本当に怒っているときは・・・・・・・・・(知る人のみぞ知る)。

今日は、劇団らしい記事を書こうと思います。伝わるかどうかあまり自信がありませんが・・・。
今日(6/1)は、練習公演で使うパネル作りを手伝っていました。練習公演の割には気合の入っているパネルでびっくりしました。2年生スタッフコンビは、ますます頼りになる存在に成長してくれているようです。
その作業中に、僕のやり方とみんなのやり方にちょっとした(?)違いがあることがわかりました。
それは僕が考えるに、ベニヤ(㊟1)に対する認識の違いが原因であるようです。

ベニヤ:いわゆる(?)ベニヤ板のこと。厚さ2~3ミリでサイズが90
     センチ×180センチの薄い木の板です


みんなはベニヤのことを硬い木の板だと思っているようです。そのため、サイズは90×180で、変わることはないと思っているような感じを受けました。

              しかし

僕から言わせればその認識は少し違うのではないかと思います。
僕の中でのベニヤは硬いですが、決して木などではありません。

アレはものすごく硬いですが弾性体です。

だから、頑張って引っ張れば伸びるんです。

むしろ、状況に合わせて、必要ならば引っ張って伸ばす

もの
なのです。

ベニヤというのは、状況を見て、どこから釘を打っていけば上手くパネルの形に合うか、それを考えながら張っていくものなのだよ。一体今まで何度、頭脳とマンパワーを駆使してベニヤをパネルのサイズに合わせようと格闘してきたことか・・・・・。(まぁ、そこまで言うほどやってないか)

これで、先輩からあっさり否定されたら割と悲しい。


copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。