舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転機は来るのか
 では、昨日の続き。

 昨日、某駅某所を、「昼飯どこで食べようかな~」などと考えながら、そして「この辺りって、前に手相を見てもらったところだなぁ」と考えながら歩いていました私。
 そんな私の前に、若いお兄さんが立ちはだかりました。

兄「すいません、手相の勉強をしているんですけど……!」

 想像していた前回の人より声が大きかった上、正面の結構近く(あと一歩で拳が届く! みたいな)から声をかけてきたので、反射的に身をかわしてしまいました。
 驚いてドキドキしていたのは、身をかわして完全にすれ違うまでの数歩で、その後に考えていたのは

「しまった、惜しいことした!」

 ということでした。

 ちゃんと占ってもらえなかった前回。今回はちゃんと「人生の転機」まで辿り着きたかったのに。

 というわけで、腹ごしらえをした私は、再度駅前に向かいました。
 声をかけられなければ、独りカラオケにでも行こうかなと考えていたのですが。

兄「すいません、手相の勉強をしてるんですけど、ちょっといいですか?」

 ふむ。某匿名掲示板風に言いましょうか。

 手相の勉強キタ━(゚∀゚)━!!!!!
 今日こそ、今度こそ、ちゃんと人生の転機に辿り着かなければ!

ギ「はぁ。いいですよ。」

兄「お時間大丈夫ですか?」

ギ「この後予定はあるんですけど、今は大丈夫です。」

 『予定がある』ということで、逃げづらくなったときの逃げ道を確保しつつ。

 最初のパターンは、前回と同じです。
「人のために尽くす人ですね」とか、「努力を惜しまない人ですね」などと、ひたすら褒められました。第一声が「クリエイティブな才能がありますね」だったのは、あちらのセンスを褒めておきましょう。根拠が無くても嬉しかったよ。
 ここで難しいのは、相手の占いを信じつつも、「迷える子羊」を演じなくてはいけない点。前回は相手の撒いた餌(占い結果)に食いつかなかった上、人生に問題なしという態度をとったせいで、あっさりフラれてしまいました。

 褒める導入部分にまじって、個人情報を引き出しに来ます。
 とりあえず、私は鎌倉在住、東京の某大学で文学を学ぶ大学3年生、高槻さんと名乗りました。基本的に、全項目嘘でした。
 ネット上で、困らない程度話が通じる程度に個人情報をボカす要領ですね。
 高槻さんという名字は、由緒正しそうだと褒められました。本名は百姓の血筋丸出しだからなぁ。

 しばらく、手を根拠にした褒めちぎりと、「何か悩みがあるんじゃないですか?」という質問が続きました。
 相手の話を信用し、積極的に食いついて占いを褒めつつ、そして人生に迷ったそぶりを忘れずに。
「これから就活を始めるのが面倒で」と答えていましたが、手を見ながらのやりとりの長さに、本当に目の前の人は、手相の勉強をしたいだけなのではないかという可能性を考え始めていました。そのときです。

 状況に、大きな変化が起きました。
(次回、私は人生の転機を見る。:ギンペイ)


東大生ブログランキング
スポンサーサイト
渋谷無宿
 今日は練習の日。
 ギンペイの一日は、フジテレビ『特ダネ!』(朝8時より放送)のオープニング曲で始まりました。

 家から駒場までは一時間強。
 8時に起きたのでは、9時からの練習に間に合わない。
 そう判断した私は、朝食も摂らずに家を飛びだしました。あとから考えると、髪のセットとひげ剃りを最低限済ませていたのが幸いでした。

 駒場に着いたのは9時半を大きく過ぎた頃。
 コミプラの入口に着いた私は、場所取り担当ソノちゃんとすれ違いました。

ソノ「あ、おはようございます。」

ギンペイ「おはよう。今日はどこで練習だっけ?」

ソ「? 身体運動実習室です。」

ギ「そ。ご苦労様。これからどうするの?」

ソ「場所取りができたんで、図書館に行って来ます。」

ギ「そうかそうか。ありがとう。勉強頑張って。」

 そして私は身体運動実習室へ向かいました。
 しかし、鍵がしまってます。しかも私は遅刻したはずなのに、他のメンバーがいません。

 え?

 連絡も寄越さずに大幅遅刻したから、メンバーに愛想つかされた?
 かなり本気で心配になった私は、ソノちゃんにすぐメール。

ギ『身体運動、誰もいないよ? 鍵開いてないし。』

ソ『……練習は、夕方からですけど。』

 軽く、穴を掘って埋まりたい気分でした。
 あとから聞いた話では、ソノちゃんは9月分の練習会場予約(場所取り)のために来てくれていたのであって、今日の練習会場の鍵を開け(場所取り)に来たわけではなかったのだと。

ギ『なんで、すれ違ったときに止めてくれなかったの?』

ソ『演出さんたちが集まって会議でもするのかと思って。朝早くから偉いなと思ってました。』

 それは買いかぶりすぎというものだよ後輩君。
 私はただ、今日は練習日だとだけ覚えていて、これまでの練習は朝9時からだったから、思考停止的に今日も朝からに違いないと考えただけで。
 脚本脚本で、練習日程メールを手帳に転記する暇がなかったんだよう。

 仕方ない。
 浮いた時間を有効活用しなくてはなりません。

 そういえば最近は脚本との格闘ばっかりで、髪を切り損ねていました。渋谷から一駅の、行きつけのヘアサロンに行きましょう。
 一駅分ながら交通費を払って、私、行きました。HPで数日前に確認したはず、確か定休日は月曜だったはずだと。

 しっかり、閉まってました。

 ああ、今日の私には笑いの神様が降りてきてくれてるんだねパトラッシュ。僕もうなんだか眠いや。
(月曜定休は、行った先の姉妹店でした。)

 その他にも、朝食、昼食、図書館行きにマンガの立ち読み、QMA4等、なかなか有意義な時間を過ごした私。
 最後は渋谷駅の手相の勉強をしてる人に見てもらって、暇つぶしを締めました。
(手相の人の模様は、また今度。:ギンペイ)

↓久々の長文更新です。これはクリックしなきゃね!

東大生ブログランキング
裸のなんとか
 ええい、脚本はまだあがらんのか!

ミツイ「脚本はここにございます。」

 なんだ、白紙ではないか。

ミツイ「いえいえ、これは馬鹿には見えない脚本でございます。」

 ……な、なんと、素晴らしい! 感動だ! いや、私はとても賢いからよく読める。ううむ、なんと素晴らしいのだ……。
(ギンペイ)


東大生ブログランキング
部屋の片隅で悲鳴をあげる
 ドラマチックチック止められそうにない♪ 止めたいと思わない♪

ミ「歌うな。あんまり歌詞を使うな。そのうちJASR○Cに訴えられるぞ。」

 うるさい。メカはおとなしく『おはよう!! 朝ご飯』でも歌ってろ。

本日の作業曲:Base Ball Bear『ドラマチック』
(あれれれ 頭がクラクラ踊る:ギンペイ)
大丈夫指は震えない
 書いてます。
 昨日の今日で、頭と身体が書くのを拒絶してるような気もするんですが、書きます。作業効率は悪いですけど。

 時間制限、きついきつい、重い。
(本日の作業曲、I WANT:ギンペイ)
我書く! 故に我有り! くらいの心意気で
 おおおええああいいおおおおおおえ~♪

 今日は例のイベントの三日目ですか。
 そのイベントに丸参加する人たちは、もっと酷い修羅場に耐えているのだろうと信じて、自分の苦労など大したことないと信じます。
 あと7時間で、今の仕事お形にします!

(本日の作業曲・石川智晶『アンインストール』:ギンペイ)
短く。
 今日は一日目の日ですか。
 炎天下、クーラーが全然効かないという有明夏祭りに参加している皆さんに、生暖かい尊敬の念を送っておきます。

 ……この暑さ、本当に死人が出たりしないことを祈っておきます。
(今日はさっさと寝なくては。これだけ。:ギンペイ)
夏バテが深まった日
 今日も今日とてお盆進行。母のお供で神奈川某所、母方の実家に行って参りました。

 会ってきた伯母と祖母は、親類の中でも一番気安い方の人で、家にいた数時間、気疲れは全くといって良いくらいなかったのですが、
 体力はごっそりと持っていかれました。

 だってクーラーかけてないんだもの!
 横浜の自宅よりナンボか涼しいとはいえ、今日も気温30度越えの猛暑日ですよね?
 クーラーにならされた私の身体は、たった4時間でガタガタになっていたのでした。

 その後で2時間の合気道の稽古をこなした自分を、私は褒めてあげたい。
 その後、日付が変わったあたりからさっきまで『終戦のローレライ・Ⅱ(福井晴敏・著)』を読んでいた自分には、何をしているのかと問いたい。
(だって、300ページくらいのつもりで読んでいたら、500ページ近くあるんですもの。:ギンペイ)

東大生ブログランキング
ナスビ大地に立つ!
 当面の問題からは必死に目を逸らし続け、今日もなんとか生きています。ギンペイです。
 呑気な暮らしの筈なのに、浮き世にゃごたごた多すぎです。

 この前、お盆に関する記事を書いた際、私はこんな文章で記事を締めました。

 一件でもリクエストがあれば、牛、写真を載せます。
 一件もなければ、その件は忘れましょう。お互いに。


 どうせ完全にスルーされて、忘れましょうお互いにとなるんだろうなと思っていたんですが、意外なことに嬉しい反応。

ギンペイさんのうちでは毎年作るという茄子の牛ですね。
見てみたいです☆
(コメ欄より)

 ソノちゃん、あんた良い子だね。文末の☆が嬉しいね。

 というわけで、喜んで写真を貼らせて頂きます。
 もしかして、今時は見たことない人も居るんでしょうか? 茄子の牛。
 我が家では「馬」と呼び慣わしているんですが、やっぱりこいつは牛ですよねえ。
牛さん

 夕日に映えるぜ牛。
 古き良き日本文化だぜ牛。

 若干シワも目立ちます。元々あんまり新鮮でなかったのに、3日間さらし者になっているのは辛かったようです。
 寄る年波には勝てなかったか牛。

 この牛さんに乗せて、今日はご先祖様を西へお送りしました。
 ……考えてみれば、玄関側で家の東側でしたけどね。

 とにかく、牛さん、ありがとう。
(ギンペイ)

東大生ブログランキング
お盆ですね
「娘~、おとなりさんからいいもの頂いたぞ~。」
「何~? 壺?」

 このやりとり自体が、この上なくツボでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今日は出掛ける用事があって、昼から外出深夜帰宅だったのですが、その前に母から用事を頼まれました。

 曰く、「茄子で牛」工作を完成させよと。

 日本の夏です。
 お盆です。
 今日は、迎え火の日です。(参加しなかったけど。)
 ご先祖様がいらっしゃる際の乗り物として、茄子で「牛」を作るのです。
 適当な長さのオガラを「足」にするのは良いのですが、問題はトウモロコシの雄しべで「しっぽ」を作る作業。毎度毎度、どんなサイズの穴を開けようか、迷ってしまいます。

 でも、無事に完成させて、昼には家を出ることが出来ました。
 めでたし。

 一件でもリクエストがあれば、牛、写真を載せます。
 一件もなければ、その件は忘れましょう。お互いに。
(起伏に欠ける記事で、すいません。:ギンペイ)


東大生ブログランキング
渋谷に繰り出した日
 みなさん、夏休みをいかがお過ごしでしょうか。
 大学生の夏休みは、一回に二ヶ月どどんとある、人生最大の休暇です。遊ぶにしろ勉強するにしろ、生かさなければ損というものです。
 ああ、エンドレスエイトが割と本気で羨ましい……。

 Radishで本格的な練習が始まるまで、まだ多少の期間があります。
 私の遊びに誘えるような人脈は、おおよそRadishの人たちだけです。
 家でごろごろしていては、人生最後の長期夏休みが無駄になってしまう!(筆者は現在大学4年生。)
 ということで、今日は私の誘いに応じてくれる暇な人を引っ張って、渋谷に遊びに行きました。
 新規ケータイMLの稼働テストも兼ねてってことで、主に今年の新メンバーに声をかけたんだ。ごめんよゆっきー。海には是非行こう。

 私は、基本的に一人でぶらぶらと時間をすごしてしまう方なので、みんなを引っ張って遊びに行く経験が、ほとんどありません。今日は4人連れだったんですが、楽しんでもらえるか不安でした。

 渋谷の某ビルで卓球だのビリヤードだの、なかなかみんなにも楽しんでもらえたと思うのですが、食事の時にKが騒がしかった。

K「いやいや、注文はギンペイが決めてくれれば。仕切ってるんだから、当然奢ってくれるんでしょ?」
 おごれるか馬鹿。

K「俺注文するとき、達の意見を全然聞いてこないってことは、ギンペイが奢ってくれるってことだよね?」
 払わないぞ? ……こちらは頑張って、注文のたたき台を作ろうとしているのに……。

K「いやいや、スポンサーのお好きにどうぞ。」
 ……。

K「僕は新参者なんで。払ってくれる人の好きにとり分けて下さい。」
 なんだろう……、なんだか既視感のあるエンドレス……。


下田「Kさん、もうやめてあげて下さいよ。ギンペイさん本気にしちゃうんで。」

K「だからこそ繰り返してるんだけど?」
 黙れロボット刑事

 手元にあった肉用ナイフを反射的にKに突きつけたのは、ノンフィクションです。危うくKを刺して当局の出方を見る羽目になるところでした。
 でもまぁ、今日は楽しかったです。また遊びに行こうよ。
(HOD4のコツは、残弾を絶やさず丁寧に弾幕を張り続けることです。:ギンペイ)


東大生ブログランキング
運命について本気出さず考えてみた
 ふと今日の夕刊のテレビ欄を見たら、BS2で『機動警察パトレイバー2 The movie』を放送するというではありませんか。この作品はその冒頭シーンで、「通信こそがミリタリー最強の燃え要素である」という啓示を与えてくれた作品です。当時私高校生。
 非常に緊張感のある作品で誰にでもお勧め……と言いたい所ですが、如何せんシリーズに関する予備知識無しでは辛い作品かも知れません。
 みたい人、いたら言いなさい。
 コミック全22巻とセットで録画DVDを貸してあげるから。

 今日の本題はここから。
 8月に入って、ランニングを日課にしたいなと考えています。今日で4回目だから、三日坊主は辛うじてクリアしました。駅に向かう川沿いの道1.5キロを、往路ランニング、復路ウォーキングしています。
 私は足がやけに遅いので、1.5を走りきるのに8分弱かかります。1.5の標準タイムって、高校生で6分台でしたよね?

 その、ランニングコースにしている川沿いの道沿いに、河川敷のサッカーグラウンドがあります。私が小学校低学年の3年間、サッカーチームで汗を始めいろいろ流したグラウンド。
 風の噂に、そのチームは無くなったと聞いていたのですが、昨日走っていたら、3,4種類のユニフォームを着た小学生が、サッカーの試合をしてるではありませんか。しかもその内の一つは、私のチームの試合用ユニフォームにデザインが……似てる……ような? レギュラーじゃなかった上にキーパーだったので、記憶が頼りない……。
 ワイシャツ姿で観戦していたメガネのお父さんに聞いてみました。

「今試合してるの、なんていうチームですか?」

「○○と△△(私のチーム)だよ。」

 へぇ。

 まだあったんだ。

 懐かしいなぁ。あの頃。

 まぁ、ぶっちゃけいじめられてたんですけどね。

 体力が無い、技術も無い、喧嘩が強いわけでもなく、味方を作るのもあんまり上手くない私が、少々いじめられていたのは、まぁ必然と言うべきかもしれません。
 いやいや、腕力がものを言うような悲惨ないじめでも、政治力がものを言うような陰湿ないじめでもなく、単に周りから一丸となって馬鹿にされるという、可愛いと言えば可愛いもんでしたけどね。
 親の意志でチームをやめさせられるまで3年間続けたんですし、本当に大したことがなかったのかもしれません。

 ともかく、サッカーをやっていたころのことを考えると、人の縁というものを考えずにはいられません。

 私はRadishで、なかなか楽しい学生生活を送らせてもらっています。
 Radishに入ったのは、東大に入ったからでしょう。他にもこまごました縁はありましたけど。
 東大に進学したのは、東大進学者の多い、中高一貫の進学校に通っていたからです。
 中学に入る前には、塾に通っていました。
 塾に通っていたのは、親に中学受験を強く勧められたからです。
 親が中学受験を私に勧めたのは、サッカーチームをやめさせたかったからだと、中学時代に聞きました。

 なんでも、あんまり柄の良くない人(親)が集まっている感じだったからとか、私がいじめられていたからとかで、母が辛かったと。で、「お前は勉強、好きだよな?」と、時間を塾に割かせてチームをやめさせたそうです。

 こう考えると、縁なんですよねぇ。
 風が吹いて桶屋が儲かる。
 サッカー始めて演劇どっぷり。
 縁は異なもの粋なもの。
(ギンペイ)

↓このワンクリックであなたの人生が……変わらないとも言い切れない。

東大生ブログランキング
ひどいことを言われた日2
 本日昼の、母との会話。

ギ「今日、出掛けるから。」

母「また演劇?」

ギ「そう。」

母「……別に、『デートだよ』って出掛けてもいいんだよ?」

 ……。

 あんたの血は何色だああああああああ!
(ギンペイ)

↓暖かい心を持っているあなたは、クリックして下さい。

東大生ブログランキング
ひどいことを言われた日
 我々劇団RadishのOBであり、社会人3年目になるグーニャさんは言いました。

「ここは演劇サークルのブログなんだから、演劇だけを扱え。以降『さぶかる』は禁止な。」

 しばし逡巡のあと、私は極上の笑顔でこう答えました。

「うん、それ無理♪」

 逡巡というのは当然、「『さぶかる』をやめようか続けようか」ではなく、「返答に、何からネタを持ってくるか」だったワケですが、ここは無難に宇宙人さんで。
 もはや、マンガを始めとする創作物に接することは、私の生命活動の一部と言っても過言ではないでしょう。立ち読みする作品のあるマンガ雑誌は、週刊のものだけでも8冊ですよ8冊。隔週誌や月刊誌まで入れたらどんなことになるか。
 読んだことのある作品数を聞かれたら、貴様は今までに食べたパンの枚数を覚えているのかと答えることでしょう。その内数えるつもりですけど。

「こういうところのあるべき姿というのは、常に自分なりの演劇への意見を語ってだな……。」

 私レベルの人間が、毎日毎日オレ演劇論をぶちかますブログなんて、読みたいと思います?
 ……普段の偏った内容の記事も、充分読みたくないという意見は却下します。
 とにかく、たまにだったらいいですけど、毎日更新を理想とするブログ活動で、毎日毎日演劇がらみの内容なんて書けるわけが無いじゃないですか。

 これまでの経験を総括する意味で、完全初心者向けの演技マニュアルを書くくらいは、してもいいかと思ってますけど。

 夏休みも始まって、家に引きこもる日が増えちゃってることですし、ネタのひねり出しには、うんうん言ってるんです。
 ……誰もお前にゃ頼んでいない、という声が聞こえてきそうです。「お願いですから更新して下さい」と頼まれるくらい、コンスタントに面白い記事を書けるようになりたいです。

 そういうことですから、
 Radishのみんなで、遊びに行こうよ。
 ということです。
(ギンペイ)


東大生ブログランキング
決戦は明日じゃない?

 ちょっぴり大事なお知らせ

 このたび、2007年度本公演のキャスト参加者募集を、締め切らせて頂きました。新規参加者にも集まってもらうことができて、ホクホクしています。
 スタッフメンバー募集期間は、もう少し取ることができるかとも思います。参加希望の方は、早めにご連絡下さい。

 さて、明日から、脚本の本格的な選定が始まります。

 仮に、自分の書いた脚本以外を、踏んで叩いて吊して、刺して焦らしてぶった斬っても、それは私の、公演への愛の為せる技。そう思って見逃して下さい。



 ……最近ちょいと「さぶかる」系な記事が続いたら、しっかりアクセス数に反映されてしまう、お客様がたの正直さ。嫌いじゃないですよ。恐ろしいですけど。
 もうちょっと面白い記事が書けるように、頑張ります。
(ギンペイ)

↓愛の名の下には、割と何をやっても許されますよね。
他人の傍若無人は、愛の名の下だろうとなんだろうと許す気はありませんけど。
クリックして下さい。↓

東大生ブログランキング



空戦と燃え要素
 脚本、とりあえず書き上がりました。一時の休みを堪能しています。主に、PS2のゲーム『エースコンバット5』(ナムコ・2004)で。

 エースコンバットといえば、PS時代から延々続いているフライトシュミレータの一大シリーズですが、私がプレイしたのは今作が初めてです。

 いや、面白い。邪魔にならない程度に、フルCGのストーリーパートが挿入されていて、いやが応にも感情移入が高まります。電源入れて放っておいたときに流れるデモ映像が、演出手法といい完全に映画の予告編だったので笑いましたけど。

 このゲームにおいて、最大の敵は地球です。間違いない。
 いや、地球が襲って来るんじゃないですけど。
 高度のとりかたを誤って、攻撃も受けずに墜落することが多いこと多いこと。一つのミッションを4,5回はやり直すことが多いですが、その内3回は地面とキスして墜ちますね。
 ストーリーの展開上、プレイヤー達の小隊は「たった4機で戦況を変えてしまう凄腕部隊」ですから、ただで墜落したときは、非常に気まずいです。僚機に謝りたくなってしまいます。

 今日プレイしていて気付いたのは、このゲーム、ミリタリーの3大燃え要素を網羅しているのだな、という点です。

注・ミリタリーの3大燃え要素:大沢ギンペイが提唱する、『ロボット・ミリタリー作品に於いて、視聴者に高揚感を与えてくれる3要素』。通称を「3つの“き”」「いわゆる3つの燃え要素」等。


 3大燃え要素とは、「出撃」「火器」「通信機」の3つです。ご存知ですね?

 火器とは、すなわち銃や砲などのこと。実世界で使われるときは何かを破壊するときで、時にそれは忌まわしい結果を生みますが、フィクションの世界なら、破壊はすなわちカタルシス!
 破壊の結果や、火器それ自体のルックスなどで、我々を楽しませてくれます。イチ押ししたいのは、『超時空要塞マクロス』のミサイル群とか。
 今作では、主武装となるミサイルも捨てがたいのですが、機銃の方が楽しいかな。戦闘機に機銃を当てるスキルはありませんが。
 あとは、効果範囲の広い対地攻撃用爆弾の投下。戦車群の真ん中に投げ入れて一掃。これはかなり、燃えます。

 通信機は、冗談抜きに説明不要ですね。この場合は、トランシーバーなどの無線通信機を指します。携帯電話は、まごう事なき通信機ですが、風情が無いので却下。携帯メールはもっと却下。やっぱり、通信の前後に「ザザッ!」とノイズの入るトランシーバーが良いですね。
 これは、「主人公はひとりじゃないんだ~」という演出とか、「プロとしての連携」を表現するのに使えます。
 今作をプレイしているとひっきりなしに通信が入って来ます。「君たちのお陰で、新年は家族と過ごせそうだ」といったホロリと来るものから、「航空支援頼む。ウチの鬼隊長に爆弾を落としてくれ。」などという、物騒な戦場ジョークまで。前の作品までは無かった、5作目の新要素ということで、なかなか嬉しいです。

 そして最後に回したのが出撃
 平時から戦時へ。緊迫する空気。
 出撃命令が飛び、出撃準備が進む。
 そして愛機への搭乗。
 プロの手際で進んでいく出撃準備。
「1番機、出る!」と、仲間に手を振る搭乗員。
 オペレーターによる「幸運を。」という台詞。
 愛すべき同僚と息子のようなマシンを見送る、整備員たちの激励。
 いやぁ、ロマンですね。……私だけ?
 3要素の中では、かなり比重の高いものなんですが、一見、今作では手薄そうでした。でも、一回だけ描写された空母からの出撃シーンで、憂いは払拭されました。
 ゆ、誘導員がパドル振ってる!!
 甲板からアフターバーナー除けの板がせり上がってる!
 OK! これだけでもおぢさんは満足だ!
 
 エースコンバット5、かなり、燃えてます。
(必殺「読者さんおいてけぼり」:ギンペイ)


東大生ブログランキング
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。