舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習を見てきました
 今日は久々に、ユニット公演に向けた練習に顔を出してきました。Radishがらみのイベントに顔を出さないと、やっぱり寂しいんですよね。

 今日見たのは、『エンジェルズソング』の練習風景。この作品は、劇団Radish2005年公演作品『フェアウェルソング・ラブソング』(米田遼 作)を脚色した物です。
 そこまでは知っていたのですが、これまでに脚本は読んでいませんでした。
 今日読ませてもらった感想は、「意外と原型を残していて、でも意外なところで全然違う」といったところでした。何が原型通りで何が変わっているのかは、その目で確かめて見て下さい。(オリジナル『フェアウェル~』を観た人でないと、分かるわけもありませんが。)

 まだ、脚本を手放す段階ではないようです。

 さて、今日久々に会ったメンバー達に、最近のここの記事についての感想を聞いてみました。
 特に昨日の記事について。全員ドン引き。

 なむさんによれば、「まぁ、表現の自由って物があるし、いいんじゃない」だそうですが、表現の自由を盾にしなくちゃいけない状態って、表現者としてかなりギリギリだと思います。
 仕方ない、マテフォの記事は、あんまり書かないようにするか。

 これからも、皆さんに楽しんでいただける記事を模索していこうと思いますので、応援よろしくお願いします。
(ギンペイ)

↓面白かったですか?

東大生ブログランキング
スポンサーサイト
マテフォが来た!
今回は、記事中で写真を多用しています。特にケータイでご覧のお客様は、ご注意下さい。

 話は、去年の末、Radishの仲間と共に、河口湖美術館に訪れたときに始まります。
 作品の中に、『アトリエ』というのがありました。クレパスで描かれた素敵な絵で、構図の中央に、デッサン用の木製パペットが鎮座していました。

 なんか、欲しいな。パペット。

 そう思ったんですが、ついこの間まで、具体的な行動は起こしていませんでした。(ちなみにギンペイは、絵心がある人ではありません。)
 そして数日前、『デッサン 人形』で、グーグル検索をかけてみたんですよ。
 真っ先に表示されたのが、こちらのサイト様でした。

 マテリアルフォース……(可動式人形・改造用素体)。

 楽しそう(30関節!)だし、安い(500円!)!
 ネットで調べてみたら、男性用(各色)と女性用(各色・各バストサイズ)が発売されていて、男性用は基本的に売り切れ状態だとか。
 モデラーが、いろいろなキャラ物の人形を作るベースに使ったりするんでしょうね。でも、キャラ性を持たないニュートラルな玩具としても、とっても魅力的です。

 で。
 次の日には、買って来ちゃいました。
ネイビー気をつけ!
ネイビーブルー、バストサイズL+さん

『L+』て……。どこかのぽんこつ未来人でしょうか。お店にこのサイズしかなかったんですよ。
 しかしこいつ、本当によく動きます。
前方回転受身!前方回転受身!
竹槍
竹槍! (ボールペンの芯)


 うわ! ぐりぐりしてるだけでも、楽し~!

 でも、マテリアルフォース(以下マテフォ)を扱っているサイトさんは、大体プロレスごっこをさせているんですよね。せっかくの多関節人形を活かすには、とっくみあいが一番と言うことでしょうか。
 そんなわけで、
気をつけブラック
別の店で今日買って来ちゃいました。
ブラック、バストサイズSさん。
胸の小ささ故、男性素体にも見えていい感じ。

比較画像
上からネイビーどっかんどっかん

上からブラックぺったんこ
上から見ると、形の違いがよく分かりますね。(笑)

 取っ組み合わせてみました。
二教痛い痛い! ギブギブギブ!
プロレスは知らないので、合気道の技。『二教』という関節技です。

 おもしれ~!
 多分、あと数回はマテフォ関係の記事も書いちゃうと思います。ご了承下さい。

 ……この写真、ブログやMixiの、プロフィール写真に使っちゃおうかな……。
(ギンペイ)

↓男性素体を見つけたら、ご一報下さい。あ! あと、クリックして下さい!

東大生ブログランキング


オフィシャルサイト(本館)更新!
 日本全国120人の劇団Radishファンの皆様、お待たせいたしました。12月10日からぱったりと更新の止まっていた公式サイトが、このほど更新再開されました。担当は4年生のなむさん。……4年生? Radishは未だ技術の大部分をこの4年生(新社会人)に依存しているのですが、大丈夫なのか? ホント。

 更新内容は、3月末に行われる有志ユニット公演の告知です。こちらの様子は順次ブログでお知らせ……と言いたいところなのですが、私は就職活動中のため、ほとんど噛んでいないんですよね。まだ脚本も配役も知りません。3月頭に内定が出たら、喜んで関わっていきたいと思います。

 また、こちらのブログと交換日記状態になっていたりした、本館の名物コンテンツ、「今日の一枚」も再開されました。私としてはこっちの方が面白い。

 なむさんには、「新歓向けに、2月20日をメドとして、ホームページを作り替える」というノルマがあったのですが、私はすっかり忘れて、更新に気付かずいました。布団の中でちらりと思い出した記憶はあるんですけどねぇ。というわけで、ブログにとりあげさせてもらいましたよ。なむさん。
(ギンペイ)

↓というわけで、ユニット公演の成功を祈って、クリックお願いします。

東大生ブログランキング
なぜか、無い。
 絶賛就活進行中。ギンペイです。

 明日も明日とて面接、ということで、昨日は、面接先企業に提出した『作文』のデータを掘り起こそうと、パソコンを立ち上げました。

 ん? ……データが無い。

 マイドキュメントに剥き出しで保存しておいたつもりの作文データが、どういう訳か残っていませんでした。
 考えてみれば、あれを書いたのは2月頭の試験の頃。もしかしたら学校のパソコンにデータがあるのかな、と思い、現在大学にいます。本郷じゃなく駒場。
 で、探してみたんですけどねぇ……。ありませんでした。
 家からここまで、本郷より近いとはいえ1時間くらいかかるんですが……。無駄足。
(ギンペイ)

↓ブログへの応援はギンペイへの応援! 明日も面接の私に愛の手を。

東大生ブログランキング
ロボット三原則の日
今回はネタもボケも無し。小説について語ります。

 病床に臥せてから、まだ体力が戻りきりません
 ちょっと外出するだけでもごっそり体力が持って行かれるので、今日は一日家にいました。

 その間に読んでいたのは、アイザック・アシモフ『鋼鉄都市』。
 アイザック・アシモフの名は、皆さん当然ご存知ですよね? かの有名な『ロボット三原則』を考案したとされる、SFの大家です。作品は今回初めて読んだのですが、『AMMP』を執筆するときにも、ロボット三原則のことは、常に念頭に置いていました。

ロボット三原則
 SF小説家アイザック・アシモフが考案し、その劇中で使用している、『人間がロボットに植え込んだ本能』

第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

 でまぁ、初めてアシモフを読んだ感想。

 面白い!
 読ませる読ませる!
 一日で読み切ってしまいました。

 私がSFを読むときに、結構気にするのは、『SF的技術が存在する(未来)世界を、いかに包括的に/それらしく設定し、描写出来ているか』という点です。
 要は、仮想世界の慣習を、いかにそれっぽくするか、ということですね。生活環境と習慣、ある習慣とある習慣は、意外なところでつながっていたりしますから、それらしく見せるのは大変だろうな、と。

 未来世界での、『子供の遊び』にまで言及しているのは、恐れ入りました。いやはや。

 次には図書館で『ファウンデーション・シリーズ』等、アシモフの他作品を借りてくるのか、それともグレッグ・イーガン『順列都市』あたりを借りてくるのか。迷うところです。
(『長○有希の100冊』から、30冊くらいは読みたいという、野望。:ギンペイ)

↓このブログの読者は、時間・金銭・政治的信条等の問題によってそれが妨げられない限り、下記リンクをクリックしなければならない。

東大生ブログランキング
見てたのね……
 おかげさまで、だいたい体調も整って、今日は大学に来ているギンペイです。

 とっくに授業も試験も終わっている今、何のために来ているかと言いますと、ゼミの新歓の準備をするためなんですね。ゼミにも新歓はあるんです。Radishの新歓作業、次は行くから、メンバーは声かけてくれぃ。
 今日は、ゼミの合同説明会で使うレジュメのコンテンツ会議。去年のレジュメはどんなのだったのかいな、と読みながら、見出しを作っていきました。

ゼミ長「曜日、時間帯、テーマ……。」
ギンペイ「はいは~い。」

 私は、話題にあがった見出しをワードで打ち込み、レイアウト検討用に適当な中身をでっち上げて行きました。

ギ「テーマはゲーム理論、金曜の夕方だよね~。」
長「あと、『雰囲気』なんてのも書いた方がいいのかな?」
ギ「はいよ。『雰囲気』ね。寝たり寝なかったりしながら、論文について討論をかわしてます~、と。」

長「ゼミ中に寝てるのはお前だけだろ。」
ギ「?……。」

 はい。私、ゼミの最中寝てしまってること、多いです。積極参加もしているんですが。時間中の覚醒度の浮き沈みが激しいんですね。

A「高梨君いつも寝てるよね。」

 あ、あっはっはっはっは。なんでだろうね。

B「先輩たちも言ってたよ。『なんで高梨は、先生にまるみえのあんな位置で眠れるのか』って。」

 え!? マジで? そんな話になってたの?

 まさか居眠りがバレていなかったなんて思っていませんでしたが、そんなにも皆さんの注目を浴びていたとは、予想外でした。
 授業中、知らずにさらし者になっていたなんて……。
 どなたか、私が収まる穴を下さい……。

 あ~。恥ずかしかった。
(ギンペイ)

↓ ま、まぁせめて、クリックしていって下さいよ。

東大生ブログランキング
一度使って見たかった
 本日は劇団Radishのミーティングが行われ、なんらかの活動が行われた模様ですが、

 作者急病のため、休載いたします。

(尚、家族でさらに一人が感染。家庭内罹患率は85%を突破しました。:ギンペイ)

東大生ブログランキング
ダウ~ン!
祖母が貰ってきたウイルス性腸炎(ノ〇ウイルス?)が、7人家族中5人に感染。
ひでぇ……。
長編記事『聖バレンチヌスに捧ぐ』
・今回の記事には、多少暴力的な内容が含まれています。ご了承の上お読み下さい。
・今回の記事には、多少多めの「元ネタ」が含まれています。一つでも分かった方は、是非コメント欄でリアクションを下さい。

ギンペイ「ハッハア! ついにあの忌まわしき一日、2月14日が終わったぜ!」

ミツイ「ああ、そりゃよかったな。」

ギ「お前は、いつもこのブログに登場する、劇団Radish2006公演『AMMP』のキャラクター、アンドロイドのミツイじゃないか。」

ミ「初めての読者向けの、説明的な台詞ありがとう。で、戦果は? もぐもぐ。

ギ「わざわざ聞くなよ……。不肖ギンペイ、小学校高学年あたりからは、家族から以外、義理すらも、一個ももらったことがありません。」

ミ「お~。潔いな。もぐもぐ。

ギ「ところでお前、さっきから何食べてるの?」

ミ「おにぎりだが。」

ギ「なぁ。」

ミ「なんだ?」

ギ「私の見間違いじゃなければ、それ、ハートの形をしてないか?」

ミ「してるよ。」

ギ「……誰にもらった?」

ミ「いつも行く飲み屋の女の子に。」

ギ「……よし。」

ミ「ん?」

ギ「ナグリの平たい方と尖った方、どちらで叩き壊されるのがいい?」

ミ「ちょっと待てお前何考えてる?」

ギ「作者を差し置いて一人だけ良い思いしてんじゃねぇぞCharacter!」

ミ「落ち着けAuthor! 暴力は何も生まない!」

ギ「うるせぇ! お前みたいな狩られる立場のシマウマは、狩る立場の俺におとなしく狩られてればいいんだよ!」

ミ「『フリージア』の読み過ぎだ! 頭を冷やせ!」

ギ「震えるぜハート燃え尽きるほどヒート……」

ミ「右手のナグリを振り下ろすなーッ!」

ギ「いいや、限界だ。下ろすね。刻むぜ血液のビートヤマブキイロノハモンシッソー!」

 メメタァ!

ミ「あ……。」

ギ「あ……。外した……。なぁそこのミツイ君。そう僕のナグリはもう壁に食い込んで完全に無力なんだほらなにをするんだアンドロイドの馬鹿力で僕の右腕を握りしめるのはやめたまえ痛い痛い痛い痛い!!」

ミ「……お前の命は、大切?」

ギ「は?」

ミ「大切?」

ギ「なんでそんなこと聞くんですか?」

ミ「答えた方が身のためだ。」

ギ「私の命はあなたの手によって正に風前の灯火なんですけど、いいんですか?」

ミ「現状はどうでもいいんだ。答えな。お前の命は、大切?」

ギ「……大切ですよ。生活に華がないって言っても、まだ20代初めですし。」

ミ「……生活は、大切?」

ギ「当たり前じゃないですか。」

ミ「ありがとう。変なこと聞いてごめんな。」

ギ「じゃあ、見逃してくれる?」

ミ「まぁ、こんなこと聞いても、俺には有機生命体の死の概念がよく理解できないけど。」

ギ「なんていうか、その、……助けて。」

ミ「うん、それ無理。人間は、やらないで後悔するよりやって後悔するほうが良いって言うんだろ?」

ギ「ひいぃぃ! すいませんすいばぜブグワァッ!」バシッ!
 「がんべんじでくデベェッ!」ドグシャッ!
 「ぼうやべてぐだブゴォッ!」ベキッ!
 「………」バキッ! メキョッ! ゴキッ!

(Bad End. シロタ先生の授業を受けますか?:ギンペイ)

東大生ブログランキング
げぇっ!!
 ……お、終わっちまった……。

ミツイ「どうした。ついに『P2』(週刊少年ジャンプ連載中)が打ち切られたか?」

 違う! ……試験がな。終わったんだよ。

ミツイ「ああ、そりゃおめでとう。」

 私は、今日の昼からの試験を受けるつもりで、家で勉強していたんだ。

ミツイ「昼? まだじゃないか。」

 そして、ふと目を落とした手帳に、恐ろしいものを見いだしてしまったのだよ。
がーん!


ミツイ「……見えにくいな。なんて書いてあるんだ?」

『2月9日、9:30から、6番教室にて、近代日本経済史試験。』

ミツイ「……気付いたのは?」

 9:20。

ミツイ「……家から大学までは?」

 少なく見積もっても、70分。

ミツイ「……途中入場は?」

 試験開始30分以内。(10:00まで。)

ミツイ「……泣くなよ。」

(泣かないけど。泣かないけど。泣かないけどぉぉぉ!!:ギンペイ)

↓お願いです。せめてクリックして下さい。
 転んでもただでは起きないとか言っても、転んだダメージが大きすぎです。↓

東大生ブログランキング
試験の合間に
今日はちょっと漫画の話。ついてくる人は頑張って!

 また、紹介している作品『邪眼は月輪に飛ぶ』について、わずかにネタバレを含んでいます。ご注意ください。


 終わった……。

ミツイ「おまえの20年あまりの人生が?」

 違う。情報連結解除……って違う!!
 藤田和日郎先生の新作『邪眼は月輪に飛ぶ(じゃがんはがちりんにとぶ)』(ビッグコミックスピリッツ 短期集中連載)が、今週でついに完結したんだよ。

ミツイ「藤田……ああ、『からくりサーカス』、『うしおととら』の作者か。」

 そうそう。最終回がものすごく綺麗だったんで、軽く震えが来てしまったよ。

 あらすじ

 むかしむかし。
『そいつに見られた生き物は死ぬ』という、不思議なフクロウがいた。
 妻を犠牲にしながらもフクロウを撃ち落とした猟師<マタギ>、ウヘイ。しかしフクロウが落ちたその瞬間、謎の兵隊たちが現れて、まだ息のあるフクロウを奪っていってしまう。
 13年後、東京に『あの』フクロウが現れた。米軍の付けたコードネームは、『ミネルヴァ』。
 正対すれば死んでしまう。しかし、無人兵器で撃ち落とすのに、それはあまりにも小さすぎた。

 米軍はアメリカきっての名狙撃手たちと、一人の猟師を、東京へ呼び寄せた。

ミツイ「で、フクロウを倒して、めでたしめでたし、ってわけか。」

 ……まぁ、そうなんだけどさ。
 最終回で、何が一番綺麗だったって、ミネルヴァのモノローグ。
 それまでミネルヴァの意思は、全部ナレーターかウヘイの口を借りて読者に伝えられていたのに、最後の最後、超能力者の女の子『輪(りん)』を通じて、主観の台詞。
 そして、その目によって人間たちを恐怖に陥れた化け物フクロウの死に際の心情、唯一の台詞が、

「ああ、こわいよ。こわい目が来るよ……。」

 この台詞で、ミネルヴァに愛おしさすら感じてしまった読者は、私だけでは無いはずです。
 シメのところも、非常に良し!

 あれ、単行本化するのかなぁ。単行本化したら、買っちゃうかもしれない。
(ギンペイ)

↓ああ、怖いよ。更新さぼるとランキングが下がってくよ。

東大生ブログランキング
試験がなんだ~ 試験ってなんだ~
 どうも。
 小学生の中学受験も、そろそろ終盤になる時期ですね。
 大学入試? そんなものはまだまだ。東大の入学試験は、今月の末ですから。

 さて、一月後半に行われたミーティングの時には、「新年会しよう! 飲みに行こう!」と提案し、「来週語学の試験なので……」と、あっさり一年生達に振られた私ギンペイ(花も恥じらう三年生)ですが、そんな私の所にも、

ミツイ「奴が……来たのか……。」

 ああ、来たよ。
 試験が来たぞ~!
 もう、奴が通ったあとには雑草も生えないと言いますからね。
 来週の今頃、立っているのは私か、奴か。
 ご期待下さい。
(後半は意味がとりづらいかと思いますが、どうか心で感じて下さい。:ギンペイ)

↓そして心ではなく、実際にクリックして下さい。

東大生ブログランキング


深夜の戯れ言
ギンペイ「あ~、なんもやる気でねぇ~。」
ミツイ「どうした、巷で噂の例のダンスのフルバージョンが公開されたからって、はしゃいで練習をしすぎたか?」
ギンペイ「してないよ! なんだか全面的に、気合いが足りてないんだよなぁ。あ~、某ラジオ番組が復活する日として、今日は超有力な日だよな。」
ミツイ「は? なんの番組だって?」
ギンペイ「いや、こっちの話。」
ミツイ「体力が無いなら、さっさと寝てしまえ。」
ギンペイ「そうね、それでは皆さん、おやすみなさ~い。」
いーえすなんか大嫌い(1)
 なんか、中島委員長はどうでもいいの記事に、英語の人が押し寄せてます。天誅戦士さん大人気。
(当該Englishコメントは数日中に削除の予定です。コメントのリンク先は、まず間違いなく広告か、いたずらですので、クリックはお勧めしません。でも、もしクリックした人がいたら、リンク先の内容を是非教えて下さい。)

 ここのところ、毎週木曜はエントリーシートの日なようです。
 志望企業へ提出して、面接受験資格を目指すための書類エントリーシート、略してES。
 反対にしてSEにすると、一気になじみ深いものになりますね?

 SE=Sound Effect(音響効果)。BGM=Back Ground Music(空気演出のための音楽)とは違い、『音楽』ではなくて、『効果音』のことです。よく「エスイー」と発音されます。銃声とかブレーキ音なんかが、Radishがよく使うSEです。

ギンペイ「ところでさ、RadishOGのK先輩、どうしたんだっけ?」
あっきー「SEになったって。」
ギンペイ「!?」

ギンペイ「なむさん、『AMMP』のアンケート結果、どうでした。」
なむさん「SEの立場からすると、突っ込みたいところもありましたが、とてもよく練られた設定でした。』だって。」
ギンペイ「は?」
(「システムエンジニア」=“SE”と知ったのは、先のことでした。:ギンペイ)


東大生ブログランキング
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。