舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手の内をあかす(最終回:本番を知ろう/土曜日2)
 この週末は、打ち上げ旅行に行って参りました。
 その様子はまた後日。二日酔いもすっかり抜けて、昨日今日は元気でしたよ。

 さて、4月からぼつぼつ連載してきた記事「手の内をあかす」が、ついにこれで最終回! 当初は、新入生に演劇サークルの活動を説明するために始まった連載でしたが、結局年の暮れまでかかってしまいました。お付き合い頂いた読者の皆さん、ありがとうございます。
 これ以降、作劇に関する記事を書く機会があれば、新たにカテゴリを設ける予定です。

 では「手の内」最後の記事に、お付き合い下さい。

 千秋楽の夜。
 公演は終わり、お客さんはいない。
 そして、劇場として活躍してくれたホールでの、最後の大仕事が始まります。

 バラシです。

 バラシとは、舞台を分解し、材木を運び出し、施設を次の団体へ引き継げる状態にすること。夜の9時に公演が終わったとすると、お手伝いさんに手伝ってもらって、午前2時くらいまでの作業でしょうか。
 公演が終わった達成感が、そのまま「油断」につながりやすく、皆が工具や灯体(照明機材・ライト)を振り回すため、実はけが人が一番出やすい行程です。
 構築物の分解作業ですから、不用意な順番で進めると(舞台の根本の釘をいきなり抜くとか)、舞台や客席が「崩落」する可能性すらあります。指揮者の指示に従い、本当に気を付けて作業しましょう。

 この作業では、3階にぶら下がる灯体の片づけと地上の片づけが、同時に行われます。これも危険。
 仕込みの時は、地上の作業が休みの時、舞台作業が休憩中の時に、照明をつり込みます(参考)。灯体が落ちるという万一の事態が起きても、人にあたらないようにするためです。しかし、バラシの時はこれがない。単に、「地上では舞台側をバラし、3階では客席側の灯体を外す」といった区分けをするだけです。
 私の様な素人さんは、作業に没頭するとその区切りを忘れたりします。うっかり区切りを超えると、舞監に怒鳴られます。注意しましょう。

 全ての木材(自分の団体が持ち込んだもの)を持ち出すと、片づけは一段落に見えます。
 しかし、それは長い長い作業の、ほんの一部に過ぎないのでありました。

 意外に長い作業①:平台チェック
 劇団が持ち込んだ材に対して、ホール備え付けの材に「平台」と「箱馬」があります。(ここの記事参照)
 公演で使った奴も、使わない奴も全部、「釘が刺さっていないか」を視覚(凝視!)と触覚(金槌を表面に滑らせる)と聴覚(金槌が釘にあたれば音がしますから)で確認するのです。
 平台箱馬がいくつずつあるか知りませんが、相当重労働。
 バラシのとき、一番面倒な作業はこれだと思っています。

 意外に長い作業②:暗幕たたみ
 暗幕って、解説なしでも分かりますよね? 黒い幕です。
 この暗幕、ホールに備え付けのものは、非常に大事に扱われます。クリーニングも一苦労(たしか、一回十万円以上かかるとか?)だから、絶対に汚すなよ、と。
 綺麗なシート(新品のゴミ袋を切り開いたもの)の上にのせた状態から、何十人がかりで一気に広げます。そして、地面に付けないように畳みます。
 ちょっとこれ、分かるように描写するのが難しいです。さらに聞きたい読者さんがいたら、コメントでも下さい。対応します。

 暗幕の片付けまで終われば、片付けの作業は一通り終了。
 そして、お手伝いさんにお礼をする打ち上げをやって、作業から解放されます。

 ……ま、次の日には地味に、ホールの雑巾がけをするのが面倒なんですけどね。

 こうして、標準的には月曜の朝、昨年の場合は日曜の朝、次の団体にホールを引き渡します。一週間の『公演』が終わるのです。物悲しいと感じる人も感じない人も、疲れきっているのはまちがいありませんね。

 そして昨年は、日曜にそのまま『カタシ』が行われました。カタシも、片付けの一種です。

バラシ→ホール内の構築物を分解し、ホールを引き渡せる状態にすること

カタシ→ホールに持ち込んでいた構築物を、釘一本、材木一本レベルまで分解し、全ての部品に「処分する」か「次回の利用に向け保存する」、いずれかの処置を与えること

 要するに釘抜きです。ひたすら釘抜き。
 ここまできたら、疲れていようと不眠不休だろうと、根性でなんとかしましょう。けがだけはしないように。

 昨年のカタシは、ホールを空けた日の朝から始めて、夕方に終わりました。今年のカタシは、日を改めて行い、朝から昼までかかりました。

 ここまで終われば、残作業はありません。反省会をするならやりましょう。打ち上げも楽しみましょう。
 おめでとう。公演の全行程終了です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 おー。終わった。
 最初はこんなに長期連載にする気は全くなかった『手の内』ですが、気付けばこんなに長くなっていました。
 ここまで長く続いたのも、読んで下さっていた読者の皆さんのおかげです。

 ……正味な話、これを読んで楽しんでいたor参考にしていた読者の人って、どのくらいいらしたんでしょう? シリーズを通して一回きりしかコメントがつかなかったので、あんまり自信はないんですよね。

 まあいいや。サイレントマジョリティたる、たくさんの読者がいることを信じて、今後も更新を続けていきます。よろしくお願いします。
(なんだか年末最終更新みたいな気分ですね。ここの更新は、まだまだ続きます。:ギンペイ)

東大生ブログランキング

スポンサーサイト
手の内をあかす(11:本番を知ろう/土曜編)
 前回の微妙にブラックなネタを、いつまでも最新の記事にしておくのは気が引けます。
 かといって、今日は適切なネタも拾えなかった。
 というわけで、困ったときの手の内だより。宙ぶらりんだった連載「手の内」を久しぶりにお送りします。

 金曜日までの流れを覚えている、殊勝な読者の方はいらっしゃいますか? まあ、覚えてなくても別に、気が向いたら見返してくれれば結構です。

 土曜日は、結構盛りだくさん。
 この連載は2006年の『AMMP[aemp]』進行を題材にしていますので、土曜は千秋楽でもありました。
 そして、週末が平日と大きく違う点は、1日に2回の公演を打つこと。プロの役者さんがどうなのか知りませんが、少なくとも我々にとって、これは結構な重労働です。役者は集中力を切らさないように、相当頑張る必要があります。

 1日2公演ということは、昼の公演があるということです。14時開場の回(昼公演:マチネ)と、19時開場の回(夜公演:ソワレ)、といった具合に。
 楽屋入りは開場の2時間前ですから、昼公演に向けて準備するときは、正午には腹ごしらえを済ませて、いわば『準備の準備』を終えておけ、ということになります。一応、楽屋入り以降の作業に、食事は数えられていませんから。

 1回1回の公演進行は、これまでの夕方公演と変わりません。
 14時半開演、演目が90分。お客様を全員送り出すまで、終演から30分程度かかりますから、17時の楽屋入りまで、1時間も休憩時間はありません。

 ……「動かない」時間だったら、準備を終えてから、真っ暗な舞台袖に待機している時間がたっぷりあるんですが、それはそれで、結構気を遣うんですよ。純粋に「休める」のは、楽屋入りの前だけです。

 だからやるべき事は、限られた時間内で全部やります。
 メイクを落とさないと休まらないなら、さっさと落とす! 腹ごしらえをするならする! 飲みたければ飲む! とね。私は今年の空き時間、ロビーで寝てました。なにせ疲れ切っていたものですから。
 休んでいる時間も貴重ですから、スタッフさん(主に制作さん)がご用聞きに回って、お弁当やらお菓子やら買い出しに行ってくれたりもします。1分でも多く休みたいとき、これがかなりありがたいものです。

 そして、17時には楽屋入り。19時開場、19時半開演。
 あとは精一杯、やるだけです。
 終演後は、お客さんに挨拶するとき、涙ぐんでみたりして。

 そしてそして、これで終わらないのが千秋楽の恐ろしいところ。

 片づけが待っているんですね。
 怖いですね怖いですね……。

 終演後、全てのお客様を送り出したら、とりあえずメンバー揃って、簡単な乾杯をします。その後に作業を控えているので、アルコールは本当に少し、気分を味わう程度に。弱い人は諦めてお茶を飲みましょう。
 そして、役者は着替えと、少しだけ休憩。しかし舞台を片づける作業は、その頃既に始まっています。
 多くのお手伝いさんを迎えた状態で、千秋楽の夜は更けていくのでした。
(つづく。:ギンペイ)

東大生ブログランキング
手の内をあかす(10:本番を知ろう/金曜日)
 前の週末、アルバイト先でクレームを受けてしまい、昨日は再研修を受けてきました。
 お説教されるのだろうかとビクついて行ったのですが、終始和やかな勉強会となり、ほっとしました。人生まるっとケネンナーシというところですか。

 今回の更新は、『手の内』金曜編。これはらくちんです。
 なぜかと言いますと、基本的に、流れが木曜と変わらないから。レポート資料探しの合間にも書けるってものです。

 金曜日も、集合時間は、結構まちまちでした。私は本番の一週間、「授業って何? 美味しいの?」という生活を続けていましたが、本番が始まってからも授業に出ていたメンバーは、結構いたと記憶してます。
 そして適当に人が集まると、前日の公演で間違えた点や演出方針変更点について、打ち合わせを行います。まさかその時点で、大幅な台詞変更なんてありませんから、演出方針を変えるとしても、音響/照明オペレートの微妙なタイミング調整くらいですね。

 そして、17時ごろの小屋入りタイムになったら、あとは木曜日編参照です。
 明らかに違うところと言えば、気合い入れのコメントが、「2回目だけど気を抜くんじゃねぇぞ!」みたいなのに変わったりしました。
 本番2発目の公演は、どうしても『慣れ』が出ます。その慣れを良い方に生かすか悪い方に持って行くかは、役者/オペレーターの集中力次第です。
(ギンペイ)

↓ワンクッション置かれるようになったせいか、投票数が下がってます!
 バナーをクリックしたあと「さっきのブログに投票するならここをクリックして下さい」をクリックして下さい。お願いします。

東大生ブログランキング
手の内をあかす(9:本番を知ろう/木曜日後編)
 ちゃっちゃと更新、行きましょう。
 今回は、開場以降の紹介です。

 開演30分前、18時30分:『開場(客入れ)』
 舞台袖で役者が待機することしばし。待機開始から、役者は沈黙を守ります。
 そして開演30分前、ついに、お客さんを劇場に招き入れます。

 この時、舞監による「コール」があります。

舞監「それじゃ、コールします。」
「音響さん、準備よろしいですか!?」

「はい!」

「照明さん、準備よろしいですか!?」
「はい!」

「制作さん、準備よろしいですか!?」
「はい!」

「演出さん、準備よろしいですか!?」
「はい!」

「キャストさん、準備よろしいですか!?」
「はい!」

「それでは、劇団Radish第7回公演『AMMP[aemp]』一日目ソワレ、開場します! よろしくお願いします!」
「よろしくお願いします!」

 こんな熱いコールが劇場内で行われているとはいざ知らず、開場前から会場前で待っていて下さったお客さんが、劇場に誘導されてきます。
 キャストたちには、自分が舞台上に出て、客席を見回すまで、実際の客入りは分かりません。客席から聞こえる声や足音を聞いて、どれだけの客入りなのかを想像するのです。

 開演15分前・5分前『前説』
 お客様へのマナー説明です。飲食禁止とか、携帯の電源は切って下さいねとか。
 いくつかのパターンがあり、
 ・役者がやる
 ・制作さんがやる
 ・キャラクターとしてやる
 ・事務的にやる
 これらの要素を組み合わせます。
 我々の場合、前回の公演では、『役者が、(劇中とは違う)キャラクターとしてやる』パターンといったところです。劇中登場企業の社内アナウンスという形式でしたから。

 開演30秒前、19時:『ラス曲』
 開場から開演までの間は、常に「客入れ曲」と呼ばれるBGMがかけられています。30分という長時間ですから、当然何曲も何曲も使う訳ですが、その中に、「ラス曲」という、開演とセットになった曲があります。
 原則、開場の後は制作さん(お客さんへの対応担当)と舞台裏では、コンタクトがとれません。制作さんが、「開演してよい」と判断したら、音響に「ラス曲を流すように」という指示が行き、それがそのまま、役者に対する「もう開演するぞ」という合図になります。
 一般的な段取りは、
 ラス曲を流す → 劇場内の明かりが落ちる → ラス曲落ちる → 明かりがつくと、公演開始
 です。

 開演時刻、19時:『開演』
 明かりがつき、演技が始まります。こうなると、どこにも逃げ場はありません。否応無しに舞台は回りますから、それを無事に、面白く回すことに全力を注ぎます。
 何が起きているかは、大体観ての通り。ただし舞台裏では、無言の励まし合いが行われています。
 ギャグがお客さんにウケたり、練習でよく間違えるシーンが上手く行ったりすると、舞台裏では皆がガッツポーズしています。

 開演100分後:『カーテンコール』
 私たちの本公演は、大体一作品100分前後です。
 演じ終わると、役者全員が舞台上に、お客様の拍手を乞いに行きます。
 一般的には無言で役者が去るのが普通のようですが、Radishでは、代表者お客様に挨拶するのが慣例になっています。去年は私が、楽しくやらせてもらいました。

 『客出し』
 カーテンコールからハケると、役者は舞台裏から、劇場の出入り口に走ります!
 そして、出てくるお客さんをお見送りします。
 アンケート、カンパの回収もこの時です。
 アンケートに回答してくれるお客様が多いときは、なかなか最初のお客様が出てきません。早く感想を聞きたくてうずうずしているメンバーとして、それはじれったいものです。反面、それだけ多くのものをお客様が感じてくれたということで、とても嬉しいものでもありました。

 出て行くお客さんの中には、友人もいれば身内もいて、そしてサークルのOB、OGもよくいます。見ず知らずのお客さんの中にも、面白かったと声をかけて下さる方がいます。非常に嬉しいものです。
 昨年は、知り合いでもないのに「リピーター」として来て下さったお客様がいらっしゃいました。一年前の公演が面白かったから来た、今年も面白かった、と。
 役者冥利に尽きる話です。

 終演20分後:『完パケ乾杯』
 全てのお客様が劇場から出て来て、劇場が空になることを、『完パケ』と呼びます。
 客出し開始後しばらくは、主に知り合いのお客さんとメンバーが歓談することになるのですが、完パケから少ししたら、メンバーは劇場内に引っ込みます。

 そこで行われるのは、制作さんによる
・入場者数の発表
・アンケート回収率、回収枚数の発表
・カンパ金額の発表
・(去年に限り)配布した記念品の数の発表
 などです。一つ一つのデータが出るごとに、拍手。

 そして、缶チューハイや缶ビールで、ささやかな打ち上げ、『完パケ乾杯』が行われるのです。
 まだ公演は始まったばかり。メイクを落とし、普段着に着替えた役者は、やはり早々と追い返されるのでした。
(ちなみに私は、その後に就職向けのESを書きに、就活予備校に向かってたりしたのでした。:ギンペイ)

↓な、長かった。励みにしますから、クリックして下さい。

東大生ブログランキング
手の内をあかす(8:本番を知ろう/木曜日前編)
 さて、少しは劇団らしい記事も書きますよ。まぁ、前回の記事も非常に劇団らしかったと自負している次第ですが。
 今回は遂に『手の内』木曜編。本番の段取りを紹介します。

 ぶっちゃけた話、本番に向けての行動以外、特にまとまっては動きません。午前中は、暇な人で練習です。役者とか、照明音響のオペレーターとか。
 昼休みに暇な人は、生協でビラまきなんかもします。

 夜の公演開始は、慣例として19時です。準備は、それを基準に行います。

 開演1時間30分前、17時30分:『小屋入り』
 役者が準備を開始します。この時間になる前に、確実に済ませておきたいのは、なんと言っても腹ごしらえ
 小屋入り時刻から舞台上で待機を始めるまでは、かなり時間がキチキチです。そして、公演が始まったら、終了まで飲食など出来るわけもありません。(秘密で飲み物を含んだりはしますが。)
 腹が減っては戦は出来ぬ。言い古された言葉ですが、真理です。
 単純に空腹で力が入らなくなることもあり得ますし、なによりも怖いのは、集中力が切れることです。役者の集中と没頭無しに、良い演技は出来ません。
 途中でトイレに行きたくならないように、適量の摂取を心がけましょう。(これも重要。)

 小屋入り後は、
・衣装への着替え
・ヘアセット
・メイク
 を行います。結構大急ぎです。衣装と髪のセットは、見ての通りなのですが、メイクは、男優にとっては当然として、女優にとっても特殊だと思います。
 なにせ、ドーランという化粧品を、顔にべったりと塗りますから。他にはアイシャドウとか? これは、女性は普通に使ってる奴なんでしょうね。
 慣れない化粧品を、衣装や小道具に付けないように気を付けましょう。

 とてもわかりやすいドーランの使い方
1.白っぽいドーランを、顔全体に塗ります
2.褐色の強いドーラン(薄いのと濃いのを、手の甲で適宜混ぜ合わせて)を、顔の凹凸を目立たせたいところに塗ります。鼻の横、眉の下、頬の端など。
 以上。おおざっぱに言うと、これだけ。


 メイクまで済んだら、次の舞台上集合まで時間がないはずです。
 用を済ませたら、小道具をひっさげて舞台に急ぎましょう。

 開演1時間前、18時:『舞台上集合』
 全ての役者は舞台上に、オペレーターもオペレーター卓にスタンバイします。そして、舞台監督主導の下、舞台が公演開始できる状態にあるかを確認していきます。
 どんな作業をするか、覚えているだけ挙げますと……

・衣装チェック
 衣装さんが、全ての役者の衣装をチェックします。規定のコスチュームを着ているか、ということと、着替えるための衣装の配置、あとは、ファスナーその他がきっちりと閉まっているか、なども念を入れて確認します。

・小道具チェック
 小道具さんが、小道具が所定の位置(舞台上・役者所持・舞台袖)にあるかを確認します。

・スピーカーチェック
 音オペさんに音を流してもらい、全てのスピーカーが稼働しているか確認します。ここで「ここのスピーカー、音出てない!」ということになると、恐ろしい。

・照明チェック
 照明オペさんに、全シーンの照明パターンを確認してもらいます。私は把握してなかったから、確認したのは舞監です。

 そして、そのあと5分間(くらい?)の『集中の時間』が取られます。
 音響さんに適当な曲を流してもらう中、役者に、好きなように使う時間を与えます。動くも良し、発声確認も良し、台詞を言っても動いても良し。
 ……私は、この時間を生かすの、苦手です。

 それが終わると、全員で円陣! 気合い入れ!
 演出として、気合い入れをさせて頂きました。
本番初日だ。成果出すよ。いい気になろう。俺達は、面白い。(ここまで小声) 行くぞ!
「おう!」
 とか。
 ちょっと良いこと言おうと、毎回頑張りました。
 すいません一番いい気になってたのは私でしたすいません。

 気合い入れも終わると、役者は舞台裏で待機となります。この段階で、公演開始40分前くらいでしょうか。

 間もなく、開場です。
(長くなったので、今回はここまで。:ギンペイ)

↓続きが見たい! という方も、そうでない方も、投票お願いします。

東大生ブログランキング
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。