舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ハイキック・ガール!』を観て来ました。
 西冬彦監督・武田梨奈主演『ハイキック・ガール!』を観て来ました。
 実写映画を映画館まで観に行ったのって、『マッハ!』以来ではないかと思います。

 以下、映画『ハイキック・ガール!』のネタバレ満載でお送りします。続きを見てもいいよ、という方だけ、クリックをお願いします。
[『ハイキック・ガール!』を観て来ました。]の続きを読む
スポンサーサイト
夢見るばかりじゃいられない
 ……まったく、ちょっと手入れを怠ると、出会い系サイトのコメントで埋め尽くされるから困ったものです。
 そんなに素晴らしい世界があるなら、是非覗きたいわ! ヴォケ!

 汚い口調はここまで。
 たくさんのお客様に来て頂いて、Radish春公演は、無事に終了したようです。
 ご来場の皆様、ありがとうございました。
 ……小空間に入ると俄然クオリティが高まるのは、人が入れ替わってもRadishに引き継がれる伝統なのでしょうか。大根三日観ざれば刮目して観るべしというか。
 キャンパスプラザ公演だけを観て頂いたお客様には失礼ですが、小空間公演は、数日前の公演に比べてか~な~り~作り込みに向上がみられました。いやぁ、よかったよかった。

 そして、この話題すら本題ではなく。
 GWに、演劇集団キャラメルボックスによる公演『容疑者Xの献身』を観て来たんですよ。
(公式サイト:http://www.caramelbox.com/stage/yougishax/index.html

 綺麗でした。
 なにがって、お話の作りが。
 昔からの読者の方や、実際の付き合いのある相手には、私の好みは分かってもらっていると思っています。

 私は、形の見える芸術作品が好きです。

 そして、『容疑者Xの献身』は、この上なく綺麗な「形」を示してくれました。

 東野圭吾作品すら、私は一冊も読んだ事がないのですが、舞台であれだけ精緻な作りを見せてくれるなら、活字ではもっと美しい構造を持った話になっているのでしょう。
 原因と結果のつながり、学術理論と現実の描く相似形、トリック、そして感情のぶつかりあい・破裂。
 どれをとっても、どうしようもなく「腑に落ちる」のです。

 物語を追っていくのが快感でした。

 こんな物語の「作り手」を羨ましいと思いました。

 素人芸術家として、「自分もなにか、書かなくちゃ」と思いました。

 良い作品をみると、いつも連想は「こんなに面白い作品を作りたい」と感じてしまいます。
 だからこそ、劇団で過ごした学生時代は貴重でした。
 社会人になってからは、「作り手」達を羨むばかりの日々が続いていました。
 でも、そろそろ脱却しないといけませんね。
 羨むことに慣れてしまったら、誇れる自分が遠ざかっていきます。

 所詮は素人として、しかしアマチュアの全身全霊を賭けて、「何か」を作らなくてはいけない、書かなくてはいけないと、強く強く感じました。
 書かなきゃ。
(ブログの更新は、いいリハビリになるはずです。更新頻度を上げたいなぁ:ギンペイ)
なんてカテゴリ分けに困るネタだ
 うむ、りなちゃん、ありがとう。
 そういうコメントをもらうと、また一つ生きる希望が湧いてくるよ。
 明日からも一週間、頑張ろう。

 昨日は三代目団長の結婚式でした。
 私が一年生の時点で四年生、私たちの学年が、関わった最後の学年となった団長さんです。
 ケータイで写真を撮ってきたので、本人の許可を得てアップすることがあるかもしれません。
 とりあえず、日頃からこうい記事かり書いていても、恩人の幸せを素直に祝える程度の余裕はあるようで、ほっとしました。

 我々は、演劇サークルOB・OG集団として、余興を頼まれていました。
 というわけで、7月のうちからミーティングを繰り返し、15分程度の寸劇を準備し、練習して、式にのぞみました。

 ……ウケなかったね……。

 コメディという縛りも、結婚式という特殊な環境も、厳しかったです……。

 花嫁のお父さんの歌には、なによりも、滲み出る真心の点で勝ち目がないなと感じました。
(いや、いい式でした。:ギンペイ)
ナマキモトさんの日
 今日は練習を早く終えたので、川崎に朗読劇『ファンレターズ』の公演を観に行って来ました。
 もともと生の演劇を観る習慣はあまりないのですが(高いし)、樹元オリエさんが出演ということで、ちょっと無理しましたよ。え~と……アニメ『ひとひら』のヒロインを演じた方です。演劇アニメで主演しつつ、ご自身も舞台活動をしていらっしゃるということで、一方的に親近感を持っていました。

 朗読劇『ファンレターズ』は、ある少女向け小説家に向けられた偏執的なファンレターと、ストーカーと化したそのファンに関して、小説家が周囲の人に送ったメッセージとを読み上げる形の作品でした。演者は「小説家」と「変態ファン」の二人きり。そして、生の発言としての台詞はありません。全てがメッセージを読み上げる形の発言です。辻仁成の小説『愛を下さい』に近いでしょうか。『ファンレターズ』の方は、『愛を~~』と違ってキャッチボールじゃありませんけど。小説家は最初から、おかしなファンレターを気味悪く感じて、返信をしていません。

 とまぁ、そういう作品だったのですが、私にとっては樹元さん本人にお会いできたのが大きかったですね。ブログで写真を見るより綺麗な方という印象をうけました。写真を撮らせて頂いたり。

 大沢ギンペイは個人的に、樹元オリエさんを応援しています。
(ギンペイ)

 樹元オリエさんのブログ
感想と告知
 昨日はキャラメルボックスさんの2007年クリスマスツアー『トリツカレ男』を観てきました。
 実際に観た人から、やたらと評判が高かった劇。実際に観てみたら……うん、なるほど。良かったです。
 シリアスな部分も準備されているのですが、基本的にはコメディ。しかし、シリアスとコメディが喧嘩しない。そして、随所にちりばめてある、ダンスその他のパフォーマンス。もう一挙一動がキレていて、キャラメルの役者さんは、やっぱり身体を鍛えてるんだというのがよくわかる動きでした。
 あ~、脚本書きたい。
 あんなコメディは、どれだけ努力しても書けないだろうな。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 話変わって、告知です。
 今週末、12月22日(土)/23日(日)に行われる、港北区民ミュージカル『OMNIBUS~バスたちの物語~』に、家族が出ます。本人の自己申告によると、面白いらしいですよ?
 チケットは一枚999円。会場は港北公会堂。
 読者で暇な横浜市民の方、見に来て下さい。

ギンペイ「どんな話?」

本人「バスがいろいろと。」

ギ「『オムニバス』って、駄洒落か……。登場人物、全員バス?」

本「主にバス。」
(おあとがよろしいようで。:ギンペイ)

東大生ブログランキング

copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。