舞台裏のダイコンたち after
東京で演劇活動を行っている大沢ギンペイのブログです。趣味とか演劇とかいろいろと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクワットのごとく
(mixi向けに書いた文章ですが、こちらのブログにふさわしい題材なのでこちらにも投稿します。普段の記事と口調が違うのはそのためです。)

 今日は弟の殺陣発表(所要時間:10分)を見にはるばる池袋の向こうまで足を伸ばした後、知人のライブを見てきた。
 ライブの割と短時間に、凹む→持ち直す→凹む→持ち直すを繰り返すことになったので、そんな話。
(実はまだ耳がちょっとおかしい)

 今日もいつものソロ行動だったわけだが、ライブ会場に単独行動の人が全然いない。演奏者は当然として、お客さんも皆、複数で来てる。僕は友達が少ない。僕だけ友達が少ない。いない? 凹む。

知人バンドの演奏を聞く。巧いものだ。「歌いにきた」感じのバンドがちらほらいるなかで、「歌を聴かせにきた」「盛り上げにきた」感じがするというか。
 いいねぇ。演奏後に、もうひとりのボーカルさんとも、了承をもらってマイミク登録。持ち直す。

 次のバンドをなんとなく聞きながら、知人バンドへの嫉妬の感情に驚く。「自分は演劇人として、あんなクオリティをお客さんに提供できてるか?(反語)」
 いやいや、仕事の合間、だらだらする合間に、なおかつほかの趣味にも色々手を出している中途半端な自分が、パフォーマーとして敵わなくても道理じゃないか。
「だよね。努力の総量も全然違うだろうし、僅かな努力さえ、いろんな趣味にあっちゃこっちゃ割り振ってるもんね」「社会人として一流になれる気は最初からしてないし、役者としても武道家としても『巧い人』『強い人』になれるような努力はしてないよね。この感じじゃせいぜい『やったことがある人』止まりだよね。他人に嫉妬するには、まず努力しなくちゃ」
 自問自答で自己否定。凹む。

 考え込んでいて、この状況は昔から書きたかった物語のテーマだったのに気づく。
 言うなれば『量産型の意地』。
 物語というのは基本的に英雄譚で、主人公は何かに優れた人間なのだけれど(少なくとも、書きやすいやつは。)。
 英雄に鎧袖一触される、英雄に触れれば吹き飛ばされる雑兵が、吹き飛ばされることに、そこにいることにきちんと意義がある話を書きたい。これは昔からのテーマなんだよね。
 最近だと球磨川さん(『めだかボックス』)が「努力できないまま、努力できる奴に勝ちたい」と言っていたみたいな。というかあれは、昔から自分が考えていたまさにその内容を、プロに先に形にされてしまったと言うのが正しい。痛手すぎる。
「才能がなくても」「努力できなくても」「愛する家族や友人がいなくても」「換えが利く存在でも」英雄に勝つ話、とは言わない、「きちんと存在意義があるという話」を書きたい。
 書けるかは分からない。書き始めてる脚本とはテーマが違う。でも書きたいとファイトが湧いてきた。持ち直した。

 こんな浮沈があったわけですよ。今は元気な方に振れている。
 ……あれ? はがないの問題は?(ギンペイ)
スポンサーサイト
まだメイド喫茶には行ったことがないんですよ
 久々の更新は、小説感想。それもライトノベル寄りの作品です。
 水沢あきと『不思議系上司の攻略法』を読みました。

 あらすじ。
 中小企業でSEをしている梶原は顧客に連れられて、休日出勤の帰りに秋葉原のメイド喫茶へ赴いた。初めて生で触れるオタク文化に面食らいながらも、美人のメイドさんにドキドキしてしまったり。
 翌日、彼の部署に転校生……じゃなかった、新しい上長がやってくる。正論を振りかざすキツい年下美人。それはなんだか見覚えのある顔だった。
 職場とか仕事とか誇りとか拠り所とか。彼らのそういったものを守るための「たたかい」が始まった。

 なるほど看板に偽りあり。
 全然不思議じゃないっすね。ヒロイン上司。正統派のクーデレ(※)タイプ。(※クール+デレ。基本的にクールだが、ここぞというところではクールな態度はそのままに甘えてみせたりする。数あるキャラクター類型の一つ。)
 結構地味な小説です。しかしきちんとエピソードは敷き詰められていて退屈はしない。地味ながらよくまとまった作品、というのが素直な感想です。
 あと、私が終始ニヤニヤしてしまったのが、SEである主人公が聞き覚えのある単語を連呼していたこと。
 まさかライトノベルを読んでいてIP-PBX(※)という単語を目にするとは思いませんでした。(internet protocol private branch exchanger:組織内の内線電話を管理するコンピュータのこと。)
 しかも製品名がアプリコット9300とアプリコット9800……。どっかで聞いたような名前だ(笑)

 そういうチマチマしたところで楽しませてもらった分、終盤で一点だけ気になりました。
 合気道はインターハイの種目じゃねぇ!
 技の質から言っても、あのシーンは豪快に柔道で……と思ってしまう合気道4級なのでした。
(そんなこんなで、地味にお勧めです。:ギンペイ)
copyright © 2005 舞台裏のダイコンたち after all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。